KindleアプリとiPadやiPhoneの読み上げ機能で電子書籍をオーディオブック化する方法

iOS環境(iPadやiPhone)では文字を読み上げる機能を備えていて、Kindleアプリの電子書籍上で文字の読み上げ機能を起動すると簡易的なオーディオブックにすることが出来るのをご存じでしょうか?

便利な機能なのですがあまり知られていないため今回こちらの投稿でご紹介します。

Kindleアプリを使ったオーディオブック化の使い勝手

Kindleアプリを使った電子書籍のオーディオブック化でどのようなことが出来るのかというと、小説やビジネス書などであれば電子書籍の文章をiPadやiPhoneが機械音声で読み上げることが可能になります。

もちろんあくまで簡易的な機能の組み合わせで完璧なオーディオブックとはいえず

  • 機械音声の不自然さ
  • 漢字の読み間違い
  • 漫画や図解などに文字があっても読み上げてはくれない

など微妙なところもあります。

それでも

  • 読み上げることが出来る電子書籍の種類が豊富
  • 読み上げスピードの調整できる
  • 英語の読み上げも出来ている
  • オーディオブック化を待つ必要がない

というメリットもありコストパフォーマンスに優れたオーディオブックの代替手段となっています。

活字に目を通さなくても本の内容を聞き流すことが出来ることは想像以上に便利です。

具体的な読み上げ機能の設定方法

Kindleアプリを使ったオーディオブック化のためには事前に設定を確認しておくことが必要です。

まずは[設定]から[一般]、[アクセシビリティ]を選び

1
[アクセシビリティ]の中にある[スピーチ]を選択。

2

 

[スピーチ]で[画面の読み上げ]がオンにしておけば準備完了です。

3

 

あとはKindleアプリで読み上げさせたい本のページを開き、二本指を使い画面より上から画面の下になぞるように触れると操作パネルが表示され、読み上げ機能がスタートします。

6

まとめ

Kindleを使っている方でもオーディオブックまでは試したことがない方も多いのではないでしょうか?iPadやiPhoneの環境でなら今回ご紹介した読み上げ機能を使うことが出来ます。

オーディオブック変わりに使ってみてはいかがでしょうか?

こちらの記事も、読んでみてはいかがですか?

読書好きな自分が本を処分するマイルール 紙の本はなるべく増やさない

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は夜に原田まりるさん、土井英司さんのお二人から
哲学を学ぶ。

人生初の哲学談義を興味深く聞いてきました。

【昨日の一日一新】

PILOT ボールペンバーディ

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼