記録をとることの大切さ

記録をとることの大切さ

マンションの管理組合の運営に関わっており
言ったこと、決めた事、伝えたことなど形にならないものは
人の記憶では時間が経つと曖昧になってしまうものだということ。

会議の際には議事録を作り、後から何を決めたのか。

記録として形に残すことが大切だと感じております。
Meeting 02

記録を残していないとどのような事が起こるのか?

年齢や職業、住んでいるかどうかも違う。
そのような集団でものごとを検討して決めていくのがマンションの管理組合です。

会議を開いてものごとを決めても、人によっては捉え方がズレがあることで
トラブルの元になってしまうこともあります。

長期間持ち続けるマンションですからトラブルは出来る限り避けたいです。

それでも記録を取るのが難しいという方へ

文章が苦手、パソコンが苦手、時間の確保が出来ないなど。
記録を取るのが難しいという方もいるかもしれません。

誰が、何を、いつする。

その決めたこと、話しあった事を記録を形に残すことなんて
周りを信用していないのかと思われる事もあります。

しかし議事録などで記録を残す事は集団で同じ方向を向くために、
振り返ることのできるとても大事なものではないでしょうか。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
ドトールにて
アイスコーヒーを〜あっやっぱり
ハイビスカスルイボスティをひとつ!

と一日一新がこの様になりました。

未知との遭遇でした。

【昨日の一日一新】
ハイビスカスルイボスティー ~アセロラ・クランベリー~

一日一新のきっかけはこちら→一日一新