1泊2日で雲取山へ、山頂から絶景を堪能!

9月5日(木)から1泊2日で友人と共に雲取山へ行ってきました。初日は霧がかっていましたが、山小屋に宿泊してから山頂に向かったところ天気に恵まれ絶景を目の当たりに。

そこで今回は撮影データを振り返りつつ記事にまとめています。

関連:

行程

雲取山は東京都の最高峰で標高2017mあり日本百名山にも選ばれています。友人と2人で秩父側から入山し、奥多摩側へ抜ける約20kmの行程を計画しました。

登山漫画ヤマノススメではこちらのルートが登場し、「ドM向け!」とすら言われています。

【1日目】西武池袋駅からレッドアロー号に乗車し秩父駅へ。
バスに乗り三峯神社から登山道入り。三峯神社・霧藻ヶ峰・お清平・前白岩山・白岩小屋跡・白岩山・大ダワを経て雲取山荘(宿泊)

【2日目】雲取山荘で朝食をとってから登山開始し、雲取山山頂・小雲取山・ブナ坂・七ツ石小屋・堂所を経て登山道入り口(下山)

そこから留浦バス停まで歩き、奥多摩駅から帰路へ。

今回はアクションカムのGoPro HERO7 Blackを持っていて、テストも兼ねて30秒弱の動画にまとめたものも作成。(こちらの動画は音声が再生されます。)

編集に使ったソフトはGoProの提供しているQuikを使いましたが、標準のBGMでもそれっぽい形になっているかと。

初日

西武秩父駅からバスで三峯神社に向かい、到着したところ周囲は霧がかっている状態。

三峯神社は縁結びのご利益があるとのことですが独身ふたりそろって完全にスルー。ブログを書こうと調べる段階になってパワースポットと知ることに…^^;

登山道のある鳥居まで着いたら登山届を提出し、虫除けスプレー振りまいて、熊よけの鈴やストックなどの準備を整えて出発します。

小雨もありつつある程度進むとレリーフが見え、霧藻ヶ峰に到着。

まだまだ序盤ですが、12時を過ぎていることもあって、そばの小屋の前で短い昼食休憩をはさみます。

お清平を過ぎると登山道でない場所に人の踏み跡があり、地図を確認しつつ慎重に進むことに。無事に登山道に戻れましたが急な坂での道迷いに冷や汗ものです…

白岩小屋の跡地までつくと天候も徐々に回復、少し長めの休憩をとって歩みを進めていきます。

登山道が男坂(右の険しい坂)と女坂(左のゆるやかな道)の分岐点では、示し合わせたように女坂を選択。同じ目的地ならゆるく行っても良いのではないかと。まだ道のりは半ばですしね。

雲取山荘に着いたのは当初の予定から遅れた17時半過ぎという時間帯。まだ明るいうちに無事に着き、ほっとしました。

雲取山荘での休息

山小屋の受付で手続きを済ませ、室内を見渡すと木のぬくもりある雰囲気が何ともいい味を出していて落ち着きます。

宿泊する部屋は2階で階段のインテリアも良いですね。

部屋は友人と2人で一室を利用、登山着は汗で濡れ、部屋着用のスエットも忘れていたので個室なのは有難かったです。

山小屋の晩ごはんは18時からということもあって、荷物整理をしてすぐ食事へ。ずっと歩き続けていたので美味しく頂きただきました。

夜はなかなか寝付けないこともあって、せっかくだからと山小屋の外で夜空の撮影。「満天の星空ってこういうものなのか!」とひとりで感動していました。

2日目

早く目が覚めたので朝焼けを見ようと外へ、インスタントコーヒーを入れつつゆったりと時間を過ごしていました。

その後は5時半から朝ごはん。時間が早く食べれないかも…と思っていましたが余裕で完食、おかわりまでしていました。

食事を終えたら荷造りを済ませ準備運動、6時過ぎには雲取山荘を離れ山頂へ向かいます。

雲取山の山頂は雲取山荘から30分ほどの距離、天気に恵まれて遠くの富士山まで見えました。

折角なので360度カメラの映像ものせておきます。(音声はついていません)

下山は奥多摩方面に向かったのですが、開放感ある登山道が続きます。

途中休憩も兼ねて七ツ石小屋に寄り

記念の登山バッジを購入。

ここからの眺めも良く、テント泊にチャレンジする際にはまた来たいなと感じました。

引き続き下山をするのですが、途中何度か平将門の逃亡時の逸話が掲示されています。
休憩も兼ねつつ目を通していたのですが、住民との祭り騒ぎや山でお風呂や水浴びを堪能するなどのエピソードの数々…案外逃亡中でも楽しんでいるような気がするのは気のせいでしょうか^^;

登山道の入り口に着いたのは11時前のこと。やりきった感がありますが、バス停は遠く、アスファルトで舗装された道路からの照り返しもあり体力を奪われ続けます。

そこから徒歩で留浦バス停(時刻表)へ、近場の自販機のジュースで乾杯!炭酸が染み渡ります。

そのまま、バスに乗り奥多摩駅から電車で帰路へ。

雲取山登山を終えて

登山を終えて感じるのは友人とともに事故なく無事に帰ることが出来て良かったということ。道迷いが多発しているとの情報やクマの出没情報もありましたので…

次の登山予定は未定ですが、また機会を見つけては安全に気をつけて山に登りたいなと思っています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

一緒に雲取山へ行った友人と「TANZAWA 山モリ!フェス 2019」という山岳イベントへ行くことを計画。
登山に関係するイベントの他、グッズの販売もあるらしく、今から楽しみです。

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク