新型MacBookProの良かったところと微妙だったところ…Apple愛が試されるノートパソコン

自分は元々MacBookPro(Retina,13-inch,late2013)をメインに使っていたのですが、最近MacBookPro2016のTouch Bar搭載モデルを使っていたからか『新型MacBookProって使い勝手はどうですか?』と聞かれたことがあります。

そこで今回はMacBookPro(Retina,13-inch,late2013)から(Retina,13-inch,late2016,four thunderbolt 3Ports)に買い換えて良かったところと微妙だったところについて率直に投稿します。

img_7713
(デスクでのPC環境)

新型MacBookPro2016を購入して良かったこと

もっさり感や容量不足が解消出来た

まず買い換えて良かったと感じたことは以前の環境であったパソコンのもっさり感やストレージの容量不足は解消されたことです。

新しいMacBookPro2016を購入してから今までパソコンの動作が遅かったことで感じていたストレスがなくなっています。Parallels Desktopを入れてWindowsを動かしても動作が遅くなることはありませんでした。

元々利用していたMacBookProに比べるとメモリとストレージは倍のスペックにしているのでパソコン自体の能力は大満足だと感じています。

デザイン性が洗練されている

また日常的に利用するパソコンなのでデザイン性が以前のものに比べ洗練されていたことも満足度が高く感じます。

IMG 7714

Appleマークは今回のものから素材が金属に変わり光らなくなり、Appleのロゴを主張をし過ぎなくなっています。

Touch Bar搭載されて物理的なファンクションキーがない状況を試せた

TouchBarが搭載されて便利になったかと聞かれると正直なところ便利になったことはないのですが、物理的にファンクションキーがなくなった環境というのを試せたことは良かったです。

img_7720
(GarageBandを利用した際のTouchBar 音の調整が感覚的に行えます)

将来的にはパソコンからキーボード自体がなくなると思いますし、日常的に使うノートパソコンでTouchBarという新しい機能に触れる経験はキーボードが物理的になくては不便だという意識を変えることが出来ました。

ここまでが良かった点なのですが、以前のMacBookProに比べてみても微妙だな…と感じる点が正直なところがあるのです(^^;)

新型MacBookPro2016は接続端子がUSB-Cで微妙…

見出しのままなのですが、実際に2週間MacBookProを使ってみて感じたのは外部接続端子のバリエーションの少なさが問題でヘッドフォンとUSB-Cだけなのはこの新型MacBookPro2016が微妙な点です。

これから先の数年後は分かりませんが2016年時点でいえばUSB-Cの接続端子があったとしてもそれだけでは他の機器に接続は困難で使い勝手が良くないのです。

自分の普段使うようなシーンを振り返ってみると

  • デュアルディスプレイ化にHDMIを利用
  • データの受け渡しにSDカードもしくはUSBを利用

いずれも新しいMacBookPro単体では出来ませんので今はUSB-C用のアクセサリを追加購入して対応しています。

デスク上で接続しているアクセサリはこちらのHooToo Type-C 3 USBハブ 3.0ポート、使用から2週間経ちますが不具合はなく、6千円台半ばで購入出来たので他の同様の機能がある製品よりお値打ち価格です。

このアクセサリ自体はデザインも気に入っていて満足はしていますが、以前使っていたMacBookPro2013であったなら追加のアクセサリは必要なく、単体のノートパソコンとしての使い勝手は格段に良かったと新しいMacBookProを使うようになってから正直感じているのです(^^;)

接続端子が限られたことでUSC-CからUSBやHDMIに繋ぐためのアクセサリを日々持ち運ぶことも必要になっていますし、ノートパソコン本体が軽く小さくなったとしても自分の場合には手荷物が増えていて使い勝手が悪くなってしまっています…

あとがき

新型MacBookProは革新的なノートパソコンだと思いますし、デザイン性も洗練されているとのだけれども…

今時点ではMacBookPro単体では周辺機器への対応能力は弱く、不便なノートパソコンというのが自分が感じている素直な印象です。クリスマスを前にMacBookProの購入を検討されている方もいるかと思いますが、一、二年ぐらい様子見をしてからでも遅くはないのでは?と感じています。

とはいえ他のメーカーのパソコンに乗り換える程のデメリットという訳でもなく、いつかきっと時代が追いついてくれるはずと期待を頂きつつ新型MacBookProを使っているのです。

ここまで書いて気がついたのですがMac利用者がほぼいない公認会計士・税理士業を自分がしているのにMacBookProを使い続けるのはAppleというメーカーのファンなのでしょうね。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は遠方での一日仕事。

12月も半ばになり徐々に年内最後の
ご挨拶をすることも増えてきましたね。

【昨日の一日一新】
ポリタンクの購入
とある会社のel-taxの暗証番号変更

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼