自己中心的に他人を巻き込む人から距離を置く方法の考察

周囲を巻き込む力が持てはやされるのなら、その逆に面倒ごとに巻き込まれたくない場面も増え防ぐ手立ても必要かと。

面倒ごとは他人任せ、良いとこ取りだけしたい人も一定数いるもので、今回は自己中心的に他人を巻き込む人から距離を置くための方法を記事にしています。

関連:

どのようなお願い事に応じるか?

周囲からの巻き込む事柄のすべてが自己中心的で迷惑だと思っている訳ではありません。

  1. 誰が
  2. 何を
  3. どのような条件で

といった要素に左右されて場合によってはネガティブな印象を抱くのだと思います。

特に誰からの頼みなのかは大きな要素で力になりたい人からの申し出であれば、むしろお願いされるのが嬉しいと感じることも。

その逆に関わりたくない人からの申し出ですと、実際問題として心理的なハードルは高めになり、先入観のない方からのお願いでしたら何をどのような条件で行って欲しいのか確認してフラットに考える人が多いのではないでしょうか。

こういう誰からの申し出かによって対応を調整しているのは取引先の与信管理に近い考えで振り返ってみると次のような記事も書いていましたね。

関連:

都合の良いように利用しようとする人の存在

ただ、フラットに考えたいときに悩ましいのが都合の良いように利用しようとする人の存在です。

既に別の予定が入り身動きが取れなかったり、自身が関わるのに違和感を抱いてしまったり…オブラートに包みながらも提示された条件では労力に対し魅力が乏しいと伝えても、相手のことはお構いなしで、協力する前提で強引に巻き込んでくる人もいる訳ですね。

そういったときにはこちらが配慮をしても仕方がなくて話が通じない人もいることを前提に対処しておかないと、多くの時間と労力をふいにしてしまい、大切にしたい方たちとの関係性にも悪影響を与えかねません。

断るのに角が立つからとしぶしぶ参加してみたところで都合のいい人と評価を下されてしまうだけ。次はもっと多くのことを期待されてしまうことも。

そんな相手と関わるよりも、価値があると評価して頂いて関係性を築いているお客さまやこうありたいという理想に挑むためのリソース確保、心を許せるような友人や家族などを優先していきたいとは思いませんか。

人はいつまで生きれるか分かりませんし、自身を削ってまで話を通じない人に関わるのって不毛でしかないですから。

このフレーズを聞いたら要注意

そういった対処に困る方たちが巻き込む側にも関わらず好むフレーズが

  • 「○○だから、やった方が良い」
  • 「○○から、やるべきだ」

といったもの。

自分ですと仕事のご依頼のはずが「経験・勉強になるから(無料でもやるべき)」としたり顔で提案されたりする経験もありました。

どのような発言をしたのかは割とスルーしてしまいがちですが、ふと立ち止まって考えてみると上記にあげたフレーズを口にする人は協力をして貰しい人に対して心の底でそう感じているからこそポロッと不適切な発言が漏れ出てしまっています。

こういった言葉の使い方はあくまで協力する側が自発的に考え口にするものであったり、利害関係のない信頼できる方からのアドバイスとしての発言が正しい使い方ではないでしょうか。

小馬鹿にされるぐらいで怒ったりすることはしませんが、そういう発言をされた方は心の中で対応方針を関わりたくない人に評価区分を変更。終始テンプレ的に拒否する姿勢で対応するのが労力も少ないように思います。

関連:

あとがき

好きなことには活発な友人が出会った方から残念なお願いされることが多く、気持ちが滅入ってしまったことを知り今回の投稿を書いた次第です。

何かしたいことがあれば他者に期待するのではなく、自分自身で行うのが大原則。だけどどんなに言葉を尽くしても主体性を持たないし他者に寄り掛かるだけの動かない人が一定数いるんですね。

なので限られている自身のリソースを大切にしたいところ以外はばっさり切ることも仕方がないのではないでしょうか。積極的に関わりたいと思えませんし、最低限のコミュニケーションすら取れない人とは無理して接する必要はないのですから。

人の目に触れる限り今後も第二、第三の困った無神経な人は現れる訳でして…一刀両断してしまえる方法論も備えておかないとしんどくなってしまいますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

最近のスポーツジムでのマイブームはバーピー運動。

誰もいない時間帯にいそいそとやっているのですが、
身体が重い重い…いつかスピーディーに出来るようになるのですかね^^;?

【最近読んだ本】

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク