マネーフォワード クラウド確定申告の操作を解説! 取引の修正は一括修正機能の活用する

マネーフォワード クラウド確定申告で取引をまとめて修正したいときには一括修正機能を活用していきましょう。

クラウド会計でも間違いはある

クラウド会計なら預金やAmazonなどの通販、クレジットカードなどの取引は連携が取れていると入力はとても楽になります。インストール型の会計ソフトを使われていたことがある方だとその便利さを実感する事も多いのではないでしょうか?

しかし、いくらクラウドになって楽になったといっても、使い始めた初年度の場合には取引の処理内容について前年との処理がちぐはぐになってしまっていたり、一年間の取引の入力が間違っていたということも起こりがちなのです。

そういった際には勘定科目や補助科目、部門、摘要についてまとめて変更したいと感じるもので一括修正機能が役立ちます。

まとめて取引の修正するときは一括修正機能を活用しよう

クラウド会計を使っている方で多い間違いのパターンは、システムで推測された取引をとりあえずで登録し、ずっと同じ間違いが繰り返されているというもの。

ただ同じ間違いを繰り返されるため、後から修正しようとした際には特定の条件のものだけをまとめて修正する一括修正機能が役に立つのです。

一括修正機能の使い方

取引を一括で修正する機能の操作としては【会計帳簿】から【仕訳帳】を選択。

1

次に表示された画面で仕訳の種類や勘定科目、補助科目、部門、金額、摘要など対象となる取引を選択し、『検索』ボタンをクリックすることで該当する取引が表示されます。(例として雑費の計上取引を検索)

2 1

取引が表示された『一括編集』ボタンを押すことで修正したい取引を選択出来るようになり

1

一括修正したい取引をチェックを入れることで修正する条件について設定出来るようになります。

3

編集する条件を指定し、【対象の編集を実行する】ボタンを押します。(こちらでは雑費について全て事業主貸へ修正しています)

4

 

確認するボックスが表示されるので、ここで【OK】を選択すると修正内容が反映されます。

5

あとがき

確定申告の期限が近づいてから取引の入力を確認してみたら修正が必要だというケースはしばしばあるものです。もし沢山の取引をまとめて修正されたいときには一括修正機能を活用していきましょう。一件ずつ直していく場合よりも確実かつ正確で楽に修正することが出来ますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は朝から昼に掛けて資料整理、
夕方から神保町の本屋で調べ物。

東京堂書店のカフェスペースをはじめて利用したのですが、

本屋の中で落ち着いてお茶出来るのって良いですね。

IMG 20170206 152603

【昨日の一日一新】
東京堂書店 神田神保町店 カフェスペース

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼