失敗やミスは必ずあるもの その後の対応でプラスの信用を築いていく

気をつけていても失敗やミスは誰しもあるもの。

けれども営業をしてくるパターンのメールや郵送物の誤りなど、その他多数のうちの一人だからかいい加減な対応をされることもあり残念に感じることが多々あります。

Namae
(名前間違いの営業ハガキ)

失敗やミスは起こるもの

自分自身もともとが会計監査の業務をしていたこともあり、担当者や上席者が誤りがないように気を配っていたり、ダブルチェックしていても失敗やミスは起こり得ることだと実感しています。

100%の精度で完璧な対応をするのは現実的でないですし、重大な失敗やミスが起こらないような対応をとった上での誤りは仕方がないことで仮に失敗やミスが見つかったとしてもその都度改善し真摯に対応をしていくしかないと思ってます。

失敗やミスは起こした後の対応が重要

実は冒頭の写真のハガキはとあるお店から毎シーズン送られてくる営業ハガキ。以前お店に伺う機会があったときに営業ハガキの名字の訂正をしておいて欲しいと伝えいたのですが、その後も宛名は変わることはなく毎度名字は間違っている状態です(^^;)

営業ハガキが郵便受けに入っているのを目にする度、そのお店に対してマイナスの信用が積み重なっていくように感じてしまっているのが正直なところです…

ミスや失敗からの対応でもプラスの信用は得られるもの

逆にミスや失敗があったとしてもその後の対応でプラスの信用を感じたこともあります。

どのようなケースかといえば自主的に誤りがあったことを伝えて頂いて訂正をしてくださったような場合など、たとえミスや失敗があったとしても真摯な対応は伝わるもので、そのような方には今後もお互いにとっていい関係性が続けていけたらと感じるものです。

あとがき

失敗やミスは起こらないことが良いのですが、対応策を重ねてたとしても決して0には出来ませんし、ミスや失敗が起きてしまった事実はなくなりません。もしそのようなことを起こしてしまったときには今後の信用を得られるように対応を取っていきたいと感じています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
年末にある年越しフェスカウントダウンジャパンに参加するため、
会場から徒歩10分のネットカフェに宿泊予約するなど。。

どんな感じかは分かりませんが下手なホテルよりもアクセス良いですし、
ネタ的な経験としてもありかと思うのです。

【昨日の一日一新】

ネットカフェの宿泊予約

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼