読書やセミナーは『なるほど!ためになった!』で終わらせない

読書やセミナーに参加をして知識を得る機会が多いのですが、その学んだという行為だけで満足してしまい『なるほど!ためになった!』と思っただけだともったいないです。

そこで今回は学んだ事を有効活用するために意識していることについて投稿します。

 

勿体ない 気がついたら忘れていた

セミナーに参加をし始めてから気がついたのですが、時間とお金を掛けて学んだことであっても、学びを活かせないケースがありました。

学んだ事を採用しないと判断したのなら良いのですが、気がついたら活かさないまま忘れていたということもあり、投資した時間もお金も勿体ないです。

読書・セミナー受講の目的を意識して学ぶ

その様にならない為に、特に重要だと感じているのはそもそも読書・セミナー受講の目的を持っているかということ。

本を買った際やセミナーに申し込みをした時には目的が明確にあったとしても、ついなんとなく本を読んでしまったり、会場に足を運んでしまうことがあります。

以前読んだ赤羽雄二さんの著書、『アクション リーディング 1日30分でも自分を変える“行動読書”』の受け売りなのですが本を読む、セミナーを受ける際には目的を確認してから学ぶことがアウトプットするために重要で、なんとなくで学んでしまうと得られるモノが少ないのです。

目的意識をもった学びは得られるものが多い

最近ネットで税金の講座を学んでいるのですが、自身の目的(自身がセミナーする際に伝わりやすい説明を学び取り入れる)をはっきりさせてから勉強するようにしています。

ちょっとした意識の違いなのですが、目的意識を明確にしてから受講すると
・この話は自身の解説にも取り入れよう
・ここは説明を厚める、もしくは薄めにしよう
・関連性について解説資料を追加で作ろう

など活かせる事が見つかることが多いです。アウトプットを意識すれば受け取り方も変わることを実感しています。

まとめ アウトプットを意識した学びをしていこう

読書やセミナーに参加し終わった後は『なるほど!ためになった!』と思うだけではなく、アウトプット(言葉・行動)を変えていくことで意味があります。アウトプットに意識した学びをしていきましょう。

こちらの記事も、読んでみてはいかがですか?

過剰な読書は必要十分に抑え行動に変える! ACTION READINGを読んで

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

アヒルの首料理を食べる機会がありました。
どうも中華料理らしいのですが初のチャレンジ。

可食部は表面のみ、丸かじりは出来ないと知った31歳の今日この頃です(^^;)

それではまた来週、よろしくどうぞ。

【昨日の一日一新】

アヒルの首、その他(よく分からない中華料理)を食べる

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク