結果は後からついてくるはず。リバウンドしにくいダイエットを目指す!

昨年11月から20代最後の年をきっかけに健康管理に目を向け始めました。
まず目を向けたのは運動や食事制限でなく体重測定の習慣化です。

なぜ体重測定に取り組み始めたかというと
そもそも自分が運動をする習慣が一切なく、食事制限は仮に行おうと取り組んでも年末・年始の飲み会がいくつもあり、挫折してしまうことが予想できたから。ならば毎日行えそうな体重測定を習慣化しよう。そう考えて行っておりました。

そこから早3ヶ月、毎日の体重を計ることを自然な毎日の日課になりました。

その結果、体重の推移は
11月4日 78.35㎏ → 2月13日 76.95㎏ (-1.4㎏)

小さな変化ですがじっくりと体重を減っております。

もう体重測定には慣れているので次は食事制限を取り組む。
ルールは緩く、けれど継続できるものにして少しづつ体重を減らし、リバウンドしにくいダイエット目指していきますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日、海外のサイトから商品を購入。
google翻訳を頼りつつも決済まで出来ました。

少しの不安を抱きつつ商品が届くのを待つ今日この頃です。

それではまた来週、よろしくどうぞ。

【昨日の一日一新】

2/12 海外サイトから商品の購入

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼