ダイエット開始から早6ヶ月、地味ながらも減量中

昨年11月から20代最後の年をきっかけに健康管理に目を向け続けています。

2月には食事にも気をつけようと決意をしたものの4月下旬に予定が立て込み習慣化失敗
体重測定の習慣化という緩やかなルールのみ行っています。

習慣化失敗の理由を振り返ってみると、体重測定との違いは毎日のルーティンワークに出来たかどうかが大きいです。
体重測定は毎朝の習慣。体重計に乗り、Excelに記録することから自分の1日の始まります。
それに対し、食事については炭水化物を減らそう。夜は食べるものを気をつけようという曖昧な意識しかなかったもの、それでは何も決めていないのと同じでした。

とはいえ体重の変化は
11月4日 78.35㎏ → 5月19日 74.00㎏ (-4.35㎏)

体重(青)、筋肉量(赤)、脂肪量(紫)を記録したものをグラフにしてみると、ゆっくりとしたペースですが確実に体重を減らし続けることが出来ているのがわかります。

スクリーンショット 2015 05 19 23 06 08

効果が少なくても簡単なことから習慣化。一歩ずつ改善していきましょう。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
旅行中は体重計に乗れるのだろうか…

真っ先に押さえたバルでの注文の仕方を生かし、タパス食べすぎるのではないだろうか…

非日常とはいえ食べたものは体に付くので気をつけなければいけませんね。

【昨日の一日一新】

5/18 大型のキャリーバックの購入

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼