電話対応がなくなれば仕事がはかどる 営業電話をされてるは迷惑

自分は仕事で電話をするのもされるのも正直苦手でして今回はその理由について投稿します。
83A244E8 A0B2 4631 ADB2 72EA812F0B00

電話が嫌いな理由

自分が電話嫌いな理由をひと言で伝えますと電話対応がなくなれば仕事がはかどるからです。

お互いの時間を無駄にしないために電話よりメールや対面でやりとりした方がいいと思っています。

初々しい彼氏彼女ではないですし、四六時中自分の声を聴きたいなんてこともありませんよね。

受け手の都合は関係なし

電話をすると掛けた側と受けた側両方の時間が同時に拘束されてしまいます。

何時から電話をしますと事前連絡をしておけば大丈夫なのでしょうが、急な電話は受けた側にとっては都合の悪いこともあるのです。

自分はお客様のオフィスに伺うことが多いのですが、その際にはそのお客様に集中して自身の時間と思考を傾けるスタンス。

突発で生じる電話対応は割り込んできているタスクですし、先に約束している自身の目の前のお客様を優先して対応するようにしています。

大抵のことは今、電話でなければいけない程緊急なことでは発生させないようにしていますし、メールでなら毎日時間を確保して確認・返答が出来るようにしています。

認識違いが産まれやすい

口頭だけのやりとりで起こってしまうのが話をした内容の認識違いです。

自分は会計や税務というお金絡みのお仕事なので、間違ったことを伝えないようと注意していますが、電話は対面やメールに比べると情報が曖昧でその危険度は跳ね上がります。

認識違いを防ぐために最終的にはメールや対面で改めて確認をとるのですが、それなら始めから電話でなかった方がお互いにスムーズにやりとりが出来たのに…と感じることも多いなと思います。

複雑な内容であればきちんとすり合わせをするために対面が良いですし、単純なことであればメールで済むことではないでしょうか?

良くある電話は営業電話

そして残念ながら自身の電話に掛かってくるほとんどがコピー機のリース、会計システム、不動産投資、保険の代理店にならないかなどの頼んでもいない営業電話なのです。

税務相談の依頼を装う税理士仲介業者から営業なども多く営業電話はとても不快に感じています。

Blogやホームページ、実際にお逢いしている人であれば自分が電話ではなく、メール対応を重視していることを伝えるようにしていますが、多くの電話・訪問営業の方達は一切そんなことは無視してやってきます。申し訳ないのですが、印象は良いとはいえずそんな営業の方達との縁はなくていいとすら思っています。

HPのお問い合わせに電話連絡先を書かない

配慮のない電話をかけられることが多く守屋冬樹税理士事務所のホームページのお問い合わせには申し込みフォームだけを用意する形で対応しています。

それでも営業のメッセージが来るので困ってしまうのですよね(^^;)

あとがき

なお、自分が電話をされることが嫌いなので、周囲に対して電話をすることを最低限にしています。相手への気遣いって大事ではないでしょうか。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

表参道の東京ライスへ行きました。
数年後にこんな空気感を持てるようになれたら、
そう感じる方とお話してきましたよ。

FullSizeRender
なお、夕食の時間帯なのですがお子様ランチ頂いております(^^)

【週末・休日の一日一新】

東京ライス
Fイワモリ
西荻ビール工房
ダイアログ・イン・ザ・ダークの申し込み

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク