親指シフト習得再開シリーズ5~親指シフトの練習方法~

親指シフトを習得するためにはスポーツのように練習が欠かせません。
自分はここ半月ほど毎日練習を繰り返しているのですが…その成長は何もしなくても伸びていく訳ではなく練習の積み重ねの成果なのだと実感させられています。

そこで今回は自身が行っているタイピング練習方法についてこれから先、親指シフトを習得しようとする方の参考になればと思いご紹介していきます。

無料で使えるタイピング練習サイト myTyping(マイタイピング)がおすすめ

親指シフトを練習するのにはタイピング練習サイト myTyping(マイタイピング)がおすすめです。

その理由は、myTypingの検索窓に『親指シフト』と入力すれば親指シフトのタイピング練習用の例題がいくつも出てくることがあげられます。

2

親指シフト習得の教科書といえるNICOLA派宣言にある練習テキスト、Section 3. 頻出語句の練習からSection 9. 仕上げの練習の文書まで公開、タイピング練習が出来るのです。

練習が終わると何秒で入力し終わったのかはもちろん

・一秒あたりの打鍵数
・正誤率
・ミスタイプ数

なども分かるため、どれだけ早く正確に入力出来ているのか参考になるのです。無料ですし気軽に始められますよ。

親指シフト練習1ー頻出語句など親指シフトの最初の一歩として取っつきやすいですよ。

記録を残し、過去と比較していく

また練習した成果はExcelで記録を残し、その日の練習が終わった都度比較をするようにしています。

Excelに記録を残しているのは過去の記録を入力、テーブル化することでピポットテーブルとして自身の比較したい切り口で分析出来るためです。

例えば練習日ごとの比較や

4

より詳細に各練習内容ごとの比較も確認することで

3

何が出来るようになったのか、もしくは苦手な部分あのかも分かる様になり、練習をすることを背中を押すプラスの部分を見つけやすくすることもできるのです。

練習後はローマ字入力をしないと決める

そして、親指シフトの練習後には絶対にローマ字入力をしないと決め、できる限り寝る直前に親指シフトの練習をするようにしています。

これは親指シフトの練習を折角していても、その後にキーボードのタイピングスキルであるローマ字入力をしてしまっては親指シフトの習得を妨げてしまうためです。

本来、親指シフトの習得は途中段階でもローマ字入力をしないことを勧められています。しかし、日常的にローマ字入力を使わなければいけない方もいらっしゃるはず、そうであれば一日の最後のタイピングは親指シフトにすると決めて行うことでローマ字入力を行っていることの弊害を減らせることが出来るのではと思っています。

こちらの記事を読まれた方は次の記事もおすすめです

親指シフト習得再開シリーズのいままでの投稿はこちら
親指シフト習得再開シリーズ1〜うまくいかなかった理由を洗い出す〜
親指シフト習得再開シリーズ2〜親指シフト習得のメリットの明確化〜
親指シフト習得再開シリーズ3〜習得のために気をつけていること〜
親指シフト習得再開シリーズ4~親指シフトの入力環境を整える~

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は経理の入力と打ち合わせ、
ブログ過去記事のリライトなど

ひととおりやることを終えまして、
金曜から台湾ひとり旅、楽しんできます。

それではまた来週よろしくどうぞ。
【昨日の一日一新】
九フンのオブショナルツアー申し込み

一日一新のきっかけはこちら→一日一新  

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です