親指シフトをMacのParallels Desktop環境で使ってみて感じたこと

Pocket

タッチタイピングをローマ字入力から親指シフトへ変えるため約3ヶ月間ほど練習に取り組んでいたのですが、練習時間が36時間を超えたところでやっと親指シフトでもテキスト文よってはローマ字入力の時より10%程タイピングスピードを改善しました。

本当はもっと完璧にローマ字入力を超えてから普段使いをしようと思っていましたが、これ以上は練習のための練習になってしまうと感じ親指シフトを普段使いし始めました。

そこで今回は親指シフトを使ってみた率直な感想について投稿してみます。

親指シフトを使ってみたパソコン環境

自身のパソコン環境はMacbookPro2016 JIS日本語キーボードのもの

  • MacOS Sierra
  • Windows 8.1(Parallels Desktop11の仮想環境)

という構成で使っています。

親指シフト環境を実現するためにはキー配列を組み替えるエミュレーターソフトが必要で

・MacOS側では Lacaille
・WindowsOS側では やまぶきR

を導入。

詳しい導入環境は下記の記事にまとめてあります。

親指シフト習得再開シリーズ4~親指シフトの入力環境を整える~

Mac側と仮想環境側でエミュレーターソフトの切り替えが手間だった

自分は普段Mac環境だけでパソコンを使っているのですが、Excelや会計・税務ソフトを使う際には仮想環境側も交えつつパソコン操作をしています。

Mac側だけであれば快適に親指シフト環境を実現できていて、練習をはじめたばかりの頃、親指シフトでの入力に戸惑っていましたが今ではローマ字入力よりも自然に指が動くようになっています。

MacbookPro2016のキーボードは沈み込みが少ないタッチですが特別タイピングしにくくは感じていません。

ただひとつ問題になったのが、仮想環境側で親指シフトタイピングをする際にMacOS側のエミュレーターソフトであるLacailleをオフにしておく必要があったこと。

折角親指シフトが出来る様になったのにMac側と仮想環境側を同時に使うときにその都度エミュレーターソフトをオンとオフを切り替えるのは面倒でして、現状は仮想環境を交えて使うときにはローマ字入力のままでタイピングしています(^_^;)

親指シフト導入の壁は高い

試行錯誤をしたもののMacにParallels Desktopを積んでいる環境でMacと仮想環境のそれぞれで同時に親指シフトを不自由なく使える環境にするのは自分には難しいと感じました。

Mac環境だけ、仮想環境上だけであれば親指シフトが使える状態になっているので当面はこの環境でやっていこうかと思っています。親指シフトは良い入力方式なのですが…導入の壁は高かったですね。
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は春の陽気が心地よい一日。

春の季節感が良いですね!

【昨日の一日一新】

カフェ・ラ・コルテ 神保町店

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket