Parallels DesktopでExcelを使うのならMission Controlのショートカットキーを設定変更しよう

MacBookProを新型に買い換えた環境でやっていこうとしたところ困ったことがありました。

それはParallels Desktop上のwindows環境でExcelを使っていた際、頻繁に使うショートカットキーCtrl+矢印キー(↑ ↓ → ←)を使用しようとした時にMission Controlが起動してしまったのです。

スクリーンショット 2016 12 08 22 56 10

そこで今回はParallels DesktopでExcelを快適に使うためにMacの設定内容を変更する方法をご紹介します。

MissionControlのショートカットキーの設定変更

MissionControlのショートカットキー自体の使用頻度は低いので、変更内容はシンプルにMissionControlのショートカットキーの割り振りを外してしまいました。

まずはシステム環境設定から

Ce2081f82cb25b5873951fcc2169e281

キーボードを選択

3a386af96a8dd6a18720ecfee8b4edad

ショートカットのメニューからMissionControlの画面を表示させ

スクリーンショット 2016 12 08 23 26 21

チェックされている項目をすべてチェックを外せば完了です。

スクリーンショット 2016 12 08 23 28 24

あとがき

おそらくMac環境でwindowsのExcelを使う方々が同じことを経験すると思いますので参考になれば幸いです

こちらの記事も、読んでみてはいかがですか?

Parallels Desktopの利用ソフトでもTouch Barにファンクションキーを常に表示させる方法

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日はクライアント先の方から
次回の訪問は袈裟を着てくることを希望されるなど…

自分はこれで良いのだろうかと考え込む今日この頃です。

【昨日の一日一新】
iRingをつける

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼