出先でのパソコン使用は肌身離さず周囲の目に気を配る

カフェや新幹線で良く目にするのがパソコンを広げて作業している人の姿。そういった人を目にして気になってしまうのがパソコンの取り扱いです。

特段見ようとしていた訳ではなくてもPC画面が視界に入ってしまったり、席を離れている際にパソコンを置きっぱなしになっていることもありますからね…^^;

そこで今回は出先でパソコンを使う際に気を付けていることについてまとめてみました。

関連:

出先でのパソコン作業は周囲から画面が見えてしまうことを前提に

自身も気分転換や打ち合わせ前の時間調整などにはカフェでパソコンを使う機会も多いです。

主に出先で行っているのはネットサーフィンやブログ、読書記録を残すことがメイン。すぐに済ませられるメール返信であれば行うこともありますが、それでも周囲に人がいることを気を配っています。

  • 後ろに人が通る場所ではないか?
  • 横の席から見えてしまわないか?
  • 扱うデータは出先で触れて良いものなのか?

などには注意していて、ネットに公開予定のこちらのブログを書く際ですら周囲に気を配っているぐらい。出先でパソコンを取り扱う際の自然な動作としてクセになっているほどです。

関連:

のぞき見防止よプライバシーフィルターを使う

出先で使うパソコンには周囲からPC画面が見えてしまわないようにのぞき見防止用のプライバシーフィルターも用意しています。

パソコンにプライバシーフィルターを付けると正面からは画面が見えますが、

横から画面をのぞき込もうとしてもフィルターが黒く見え画面が隠れます。

完ぺきに画面に映し出される映像が隠れるわけではないですが、それでも一定の安心感があります。

MacbookやLet’s NOTEなどは専用のプライバシーフィルターが売っていて、今使っているのはYMYWorldのLet’s note SZとSVシリーズに使えるプライバシーフィルター。

純正品は1万円越えの価格帯ということもあり、こちらの商品のリーズナブルさに惹かれて購入しています。

約半年使っていますが使い勝手は特段問題はなく、ディスプレイのくぼみにはめて使うものとなっていてお客さまにPC画面を確認して貰う際につけ外しが簡単なので使い勝手が良かったです。

席を離れるのなら、パソコンも持っていく

また、案外多いと感じているのがトイレや電話の際に席にパソコンを置きっぱなしのままのケース。

出先は自宅やオフィスではないのだから盗まれてしまうことも起こりえます。

パソコン自体高価なものですし、その中身は個人情報の塊でして、置きっぱなしにするのならまだ財布の方がマシなぐらい。仮にパソコンを無くなってしまったり、仮に情報流出でもしようものならお金で済む話ではありません。

席を離れる際にはパソコンも一緒にもっていくのは必須かと。

あとがき

出先では様々な人がおりますし、安易に大丈夫と思わずに用心しているぐらいでちょうど良いかと。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
アニメで鬼滅の刃を観始めたら止まらない。
先が気になってしまい原作を一気読みしてしまうなど。

王道感あるジャンプ漫画、セリフもぐっと来ます。

【最近読んだ本】

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク