Chromebookタブレット Google Pixel Slateの購入理由とスペック選択で検討したこと

12月上旬にGoogle Pixel Slate(以下、Pixel Slate)を購入しました。

Pixel Slateは日本では未発売でという状況もあり、情報が少なく、スペックの違いのモデル展開もしています。

そこでこちらの記事では購入時の参考になればと、自身がPixel Slateを購入した理由や購入モデルを選ぶ際に検討したことをこちらの記事にまとめました。

関連:

Pixel Slateの購入したのはChromeOSでタブレット+キーボードという使用感が気になった

Pixel SlateはGoogle謹製のChromeOSを積んだタブレット端末。

キーボードを取り付ければノートパソコンとして扱えて、マイクロソフト社のSurfaceProに近い印象に思います。

SurfaceProを使っていたこともありましたが、タブレットとしてほとんど活用できず、今は一般的なノートパソコンの形をしているLet’s NOTE SV7がメインPCです。

ただOSが違えば感じ方も違うはずでChromeOSを積んだChromebookならタブレット+キーボードというスタイルが快適かどうか気になったのです。

(下がPixelbook、上がPixel Slate)

ちょうど外出先で使うChromebookのPixelbookがバッテリー持ちが悪くなったと感じていたところに海外のセールがあり、良い機会と捉え購入に踏み切ることにしました。

Pixel SlateのCore m3モデルを選択した理由

Pixel Slateのモデル展開は次の3つとなっていて

  • CPU Core m3、メモリ8GB、ストレージ64GB
  • CPU Core i5、メモリ8GB、ストレージ128GB
  • CPU Core i7、メモリ16GB、ストレージ256GB

自分が購入したのはCPUがCore m3の一番リーズナブルなものを選びました。

想定していた主な利用方法は主にブラウザでの処理が中心で

  • Google ドキュメントでの文章作成
  • Google スプレッドシートの操作
  • Gmailでのメール処理
  • WordPressでのサイト更新
  • その他Chromeでのネット上の操作全般
  • Kindleで電子書籍を読む
  • Androidアプリでの写真のリサイズ
  • PDF化した文書に赤ペンを入れる(ときどき)

といった内容の使い方がしたいと思っていました。

この程度の内容であれば一番低いスペックでも十分です。

購入するスペックの見極めは使い方と環境しだい

このような判断を行ったのはこれまでChromebookを使ってきた結果、自分がどのようなことをChromebookで行い、どの程度使えるような環境が欲しいのか明確化されたからです。

Chromebookはいわゆるクラウドベースの設計思想なのでブラウザ作業を中心に据えればWindowsよりもCPU性能が低くても軽快に動くOS。

多少の心許なさはありますがCPUがCeleronでもネット作業だけなら不満もないし、動作も快適に感じるくらいと思っています。

またブラウザを中心として使うのであればメモリは4GB以上あれば良く、8GBあれば余裕があり安心。

また、アプリを入れてKindleや写真のリサイズは行いますが、想定しているような使い方ではストレージの容量に128GBはいらないと思っています。

プライベート用として使っているASUSのChromebook C434TAはCPUがCore m3でメモリ8GB、ストレージが32GBのものですが、操作にストレスは感じずストレージは10GB近く余裕もあります。

仕事ではWindowsのパソコンも併用しますから、Chromebookで足りないことはそちらで行える環境ということもあってPixel Slateは一番低いスペックのもので十分でした。

それにもし、海外通販でトラブルがあった際には販売店や製造メーカーとのやりとりに困ってしまうことも想像ができます。海外からの発送では日本よりラフな梱包をされてしまうことを経験したこともあって必要以上に高額なものは買いたくはないとも思っています。

あとがき

Pixel SlateはアメリカのAmazon.comから購入したのですが、仕事の合間に急いで注文したこともあって誤って想定と違った内容で注文してしまいました。

本体とキーボード、ペンのセットを購入したつもりが、本体とキーボードのセットを選んでいたと数時間後に気がつくことに。

どちらも同額の$449.00でいずれにしろ定価よりお得ですし、ペンはPixelbookの購入時から持っているのでなくても困らないのですが…ペンの色はミッドナイトブルーの統一感があるものが欲しかったというのが正直なところです。

こちらの記事を読まれた皆さんは同じ轍を踏まないように海外通販は落ち着いているときにお買い物をしましょうね^^;

別途ペンだけ購入しようとすると良いお値段設定でして購入には踏み切れないのがなんともやりきれないなと感じている次第です。


|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
YouTubeの耳かき動画で気になっていたお店、
東京都の目黒にあるイヤーエステサロンイアリスさんへ行ってきました。

耳の中はこんな風になっているのかと画面を見つつ施術を体験。
イヤーエステサロンはなんとも気持ち良かったです。

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、IT、ペーパーレス、経理関係ほか)
コンサルティング(クラウド会計のセットアップや使用方法の指導ほか)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク