Google Pixel Slateひと月使用レビュー

Google Pixel Slate(以下、Pixel Slate)を使い始めてひと月が経過し、Googleの純正アクセサリーを組み合わせることでノートパソコンとしても使えるタブレット端末という印象を抱くように。

今回はPixel Slateをひと月使っての印象と普段の使い方についてお伝えできればと思います。

関連:

Pixel Slateはタブレット端末だけどノートパソコンとして満足して使える

Pixel Slateを使って感じていることは純正アクセサリーであるGoogle Pixel Slate Keyboardを組み合わせることで、キー操作やタッチパッドでの操作を中心としたノートパソコンとして満足して使えるというもの。

Pixel Slateに近いコンセプトの端末としてはWindowsのSurface Proを使っていたこともありますが、Pixel Slateの方が単体でもタブレット端末としても扱いやすい印象です。

タブレット端末、そしてノートパソコンとしてどちらとしても使用感が良いのが魅力で、その時々に応じた使い方をより自然に行えるように思います。

関連:

Pixel Slateが行えることはブラウザかAndroidアプリを前提にしたことに限定されますが、iPadやAndroidタブレットよりはノートパソコンに近い印象で、使いたい時に即起動し、軽快な操作が行なえることが持ち味です。

バッテリー持ちは公称で12時間ということもあって出先でも電池持ちも良く、午前中から使っていても夕方ぐらいまで使えます。USB-Cポートを2つ備えているためスマホと同じケーブルで充電でき電源に不安を覚えることも少ないです。

また、電源ボタンには指紋認証も備わっていて、触れるだけですぐに使えるようになる点も日常的に使う端末として扱いやすいと感じた一因に思います。

Google Pixel Slate Keyboardと組み合わせは使い勝手が良い

自身の主なChromebookの用途はキー操作を中心とした文章作成ということもあり、純正アクセサリーであるGoogle Pixel Slate Keyboardの使い勝手が良い点も好印象でした。

  • キーボードとしてはPixelbookと同じキー配列でタイピング音は静か
  • 入力時の押し込みは比較的浅めなものの、扱いやすい
  • 専用端子で接続しているので入力に遅れや取りこぼしがない
  • タッチパッドは広く操作感が良いためマウスは使わなくても済む
  • スタンドとしてはマグネットで本体をしっかり固定される
  • カバーとしては本体を守ってくれる安心感があるし、質感も良い

Pixel SlateとGoogle Pixel Slate Keyboardがあれば、別途カバーやマウスを用意しなくても済んでいます。この使い勝手を考えると両方合わせた重さが1,218グラムとなることも許容範囲内です。

若干気になる点としては、キートップに指紋の跡が目立つことや、JIS配列のものがないことぐらいです。

Pixel Slateをタブレット端末として使う用途

Pixel Slateをタブレット端末として使うのは電子書籍リーダーや動画視聴、PDFへの手書きでの書き込みに使っています。

電子書籍リーダーとして

12.3インチのディスプレイはタブレットとしては大型でKindleで漫画や雑誌を読む際にサイズ感の良さを感じました。

ディスプレイの解像度は3000 x 2000ピクセルでとても綺麗ですし、10インチタブレットと比べてみると大型のほうが迫力があります。

動画視聴にはスピーカーがディスプレイを挟んで左右に一つずつあるので音も迫力がありますね。

PDFに手書きで書き込む

Google純正アクセサリーであるPixelbook Penを主に使うのはブログ記事の草案をPDF化し、文章のチェックを入れることに使っています。

PDFへの書き込みで使用しているアプリはSquidにしています。同じGoogle製のKEEPを使った手書きメモとの相性は悪く、過度な期待はしないほうが良いかと…Squidはたまに遅延やフリーズも発生することもありますが、手が画面に触れている際でも使いやすく重宝しています。

Pixelbook Penは他にも機能はありますが、今のところキーボードの操作で出来ない手書きでの書き込みのみに限って活用しています。

Pixel Slateは満足度の高い1台

Pixel Slateは端末の質感が良く、タブレット、ノートパソコンいずれとしても十分に使えます。

使い始めて約ひと月、いくつかのパソコンを持っている中で一番使用頻度が多くなっていますし、日々の生活のなかで長く使っていきたい1台となっています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
あけましておめでとうございます。
徐々にお正月モードも抜けていき、ひとつずつやることをやっていかないと!と思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼