経理経験ゼロから始める決算書の読み方~損益計算書の中身~

会計事務所を開業してから知ったのは『実は決算書を読めない』といった悩みを抱えられている経営者さまが案外多いというもの。

経理関係の職種に進もうとしなければ学校でも経理の知識は習いませんし、周囲の経営者仲間からも経営について話をすることはあっても、決算書の読み方についてはまでは話すことは少ないかと。

そこで今回の記事ではまず最初に押さえておきたい損益計算書(いわゆる決算書の中でも儲けを表す書類)の読み方についてご紹介していきます。

経営者の方はまず損益計算書を読めた方が良い

主な決算書として損益計算書や貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう:財政状態を示す書類)があり、そのどちらも理解できるのが理想ですが、まず最初に押さえておきたい決算書は損益計算書です。

その理由は損益計算書が読めるようになると『売上が最低限これぐらいあればお金は足りる』といった予測が出来るようになるため。

作れば売れるといった時代ではなくなっていますし、決算書を利用した予測をもとに経営判断を行っていくノウハウはより重要になっています。

損益計算書の作り

損益計算書のことをひと言で説明するのであれば儲けを表す書類です。通常は一年間の期間の儲けを計算するものとなっています。

損益計算書の体系としては一番上に売上があり、その次に売上原価、売上総利益、販売費及び一般管理費(以降、販管費と説明)、営業利益とそれ以降も続いていきますが、まずは営業利益まで押さえておくことが重要となります。

主に経費と呼ばれるのは

  • 販売した商品代が含まれる売上原価
  • 役員報酬やオフィスの賃料など売上原価以外のもの販管費

ひと言に利益といっても売上に掛かった経費をどこまで差し引くのかによって名前が変化

  • 売上総利益は売上から売上原価まで
  • 営業利益は売上原価と販管費まで

を差し引いて計算されます。

営業利益がないと資金不足に

ここで押さえて欲しいのが営業利益がプラスとなっているかどうか?

営業利益は名前の通り、営業をしてどれぐらい儲かっているかを表す利益のこと。プラスであれば良いのですが、もしマイナスとなっていなければビジネスは儲かっていないことを意味しています。

今はお金があるからといっても営業利益がマイナス(いわゆる営業損失)であれば儲かっていないので、いずれお金の余裕もなくなってしまいます。

融資に成功してお金に余裕がうまれても要注意!よくある勘違い

創業融資など借入を成功してお金に余裕がうまれていても営業損失となっている場合は注意が必要です。利益がなければ資金は減るので今後の融資の返済するだけのお金がないことも起こりえます。

別の記事で説明しますが、融資を受けた入金は損益計算書には含まれない取引となりますからね。

あとがき

もし、自社の状況がどういう状況なのか分からない、分かるようになるたいとお悩みでしたら、ぜひ下記のリンクから幣所にご連絡いただければと思います。

決算書の読み方については専門に勉強をしないと知らなくて当たり前です。幣所では単発のご相談からそれ以外の形でも様々な形で対応できることもあるかと。

ご依頼をいただければこの記事を執筆した公認会計士・税理士の守屋が誠意をもって対応させていただきます。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
 

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼