試験勉強の追い込みと海外旅行は似ている

勉強がなかなか進まない。
そんな時は自分自身を追い込んでみてはいかがでしょうか?

海外の初ひとり旅

スペインに行くにあたって事前の予習(どこに何があるのか、現地の言葉、移動手段の把握)をほぼしないまま旅行当日。
今回は一人旅で英語は苦手であることや、スペイン語を話せないため、不安の多い出発となっていました。

ただその代わり、自分自身でどうにか無事に旅行を終え帰ってこなければ!そんな追い込まれた心境のため、旅行本を片手に必死に調べつつ旅をしていました。

試験勉強への必死さ足りない

この時に感じていたのは公認会計士や税理士の試験に落ち続けてしまっている方たちのこと。

厳しいことを書いてしまうのですが試験に落ち続けている人の中には必死さが足りないと感じていました。

  • 出題された問題が勉強していない範囲だった。
  • ケアレスミスをしてしまった。
  • 時間配分がうまくできなかった。

など試験に不合格になった際の理由を聞くことがありますが、それは試験に落ちてしまった言い訳。
本当の試験に落ちてしまった理由は試験のためにどれだけ真剣に取り組んできたのか、自分自身への追い込む必死さ・覚悟が足りないことです。

ここで見て欲しいのが今回の自分のスペイン旅行のテキスト『地球の歩き方』の写真です。
IMG 4346

たった6日間の旅行だったのですが使用感は伝わりますよね?

試験に落ちた方たちへ

  • 勉強に使った教材から試験に受かるような使用感はありますか?
  • これだけやって合格しなかったからもう試験を諦めると周囲に言えますか?

そうでなければ自分自身への追い込みが足りない。もっと点を採れる勉強を取り組めるはずです。

観光に行って何を書いているのかと感じるでしょう…
今回の旅行は楽しむ目的が一番ですが、その楽しむために知らないものを知る。出来るように学ぶという取り組み。その取り組み自体は試験勉強と違いはありません。

不合格になってしまった方たちでもし前回は真剣に取り組んでいなかったと感じたら、次は自分自身を追い込んで試験に合格出来るよう必死に取り組んでみて下さい。
試験が終わった後の手応えはもちろん、結果も変わってきますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
バルセロナからは少し離れているけれど
スペイン国内なのだから見に行ってしまおうと一念発起。

ガウディの世界遺産、コロニア・グエル教会に行ってきました。

こちらはサグラダファミリアと違い見学者はまばら、
おごそかな雰囲気があって素敵な場所ですよ。

IMG 4314

【昨日の一日一新】
6/3 アシュタルク空港のカフェを利用

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

マインドマップ習慣化チャレンジ 23枚/21枚、目標達成!!

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼