本棚に置いておきたい一冊『ヒヨコノアルキカタ』を読んで

あさのますみさんの「はじめて」をテーマにしたエッセイ『ヒヨコノアルキカタ』を読みました。
B1ED912B 2D0F 4FAB B925 38C501258FAC

あさのますみさんとは

著者のあさのますみさんは声優「浅野真澄」さんとしても活躍。今年の夏アニメ『それが声優!』の原案・原作者でもあります。

本から感じた時間の経過

自分の中ではあさのますみさんの印象は高校生時代に聴いていた文化放送のラジオ番組『.hack//Radio 綾子・真澄のすみすみナイト』のパーソナリティーの頃のもの。

そこから10年以上経ち、あさのますみさんは様々な「はじめて」を積み重ね、どうにもならないことへの想いや、悩み、向き合っていた姿がこの本に綴られていました。

まとめ

独特な感受性が伝わるあさのますみさんの文章。柔らかいタッチの あずまきよひこさんのイラスト。時間をかけてじっくり読みたい。これからも本棚に置いておきたいと感じた一冊です。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

やったことのなかったもの。知らなかったものでも、

学んで対応できる引き出しをひとつずつ増やしていく。

そんな成長を自分自身もと目指して行きたいですね。

【昨日の一日一新】

7/8 Picky-Picsの登録

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼