清水亮さんの著書、『最速の仕事術はプログラマーが知っている』を読んで

無自覚に時間を無駄に使っていたと気がつかされた、最速の仕事術はプログラマーが知っている
について投稿します。


C21F2E37-78EA-4295-805B-5969AB2A7B8E

最速の秘訣、同じ事を繰り返さない

この本の中で強い印象が残っている言葉は次のものです。

Dont’t Repeart Yourself.同じ事を繰り返すな

 

これはプログラミングの世界の言葉で、プログラマーが一度書いたプログラムは半永久的に残るので、うまく動いたプログラムはよほどの欠陥がなければ使い倒しましょうというものです。

自身の仕事を振り返ると作り上げた資料のデータを保存し忘れ、改めて作り直す経験があり苦い思い出と共に実感させられたことが何度もあります。その際の徒労感はとてつもなく、一度作ったものを改めて手作業で作り直すことほど時間の無駄に感じることはありません。

しかし、同じような『無駄』を実は繰り返している事はありますよね?

資料の作成や聞いているだけの時間が多いミーティング、メール文章の作成など何気なく繰り返していることにこそ、無駄があり、無駄を省く余地があります。この本には個々の事例ごとにその無駄の省き方が書かれておりました。

今の環境で最速を目指す

なかなか取り入れることが出来いものもありますが、その根本にある考え方、具体例を目にすることで今まで気がつかなかった無駄が浮き彫りになり、改善出来るヒントが得られます。こちらの本は時間に追われている方にこそ時間をとって見て貰いたい一冊ですよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
移動が多く読書がはかどる一週間でした。
それではまた来週、よろしくどうぞ。

【昨日の一日一新】

イケダハヤトさんの読書メモを読む

一日一新のきっかけはこちら→一日一新