価値観の合わないことには距離を保つ。イライラへの対処

仕事仲間や家族など行動や発言に不満がありイライラしてしまうことってありますよね。

距離が近いといやな点が目につきやすい

一緒に仕事をしている同僚や毎日接する家族など、自分の活動範囲に関わる相手の行動は自然と目に留まることが多くなります。

その中には自身の価値観として受け入れられないこと、例えば配慮の欠けた発言や行動、時間管理の意識の違い、金銭感覚、共有物の扱いなど様々なことがあるでしょう。

相手の行動を変えるのは難しい

自身の価値観として受け入れられない行動であったとしても、相手にとっては悪気のある行動でなく、その行動を変えて貰うことは多大な労力が必要となることが多いです。

距離を保つことで折り合いをつける

相手の行動が自身の価値観からどうしても許せない、譲れない。そういった部分でなければ、その行動から距離を保って折り合いをつけましょう。自分の感情をコントールするために場所を変えたり、気分を落ち着かせるための行動をしていきましょう。

相手の価値観や行動は変えてもらうことは難しくても自分の感情であればコントロールが出来ますよ。

あとがき

感情を人にぶつけても物事は好転しませんし、そのような衝動的なものは後々言わなければ良かったと後悔してしまいます。接しなければならない人であれば一定の距離感を保ちつつ折り合いをつける。無理のない範囲で関係を維持していきましょう。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
スケジュールを前倒しで完了でき、
夕方からオフモード。

最近根を詰めていたので気分転換を
してきました。

【昨日の一日一新】

成城石井のプレミアムチーズケーキ

一日一新のきっかけはこちら→一日一新