Excel2013 Word2013共通操作 作業中のデータクラッシュへ2つの備え

Excelの作業中、パソコンがフリーズしデータを作り直す機会がありました。そこで今回はデータクラッシュがあっても致命傷を避ける2つの備えを投稿します。

1.上書き保存『Ctrl + S』をこまめにする

データをクラッシュしてしまってから後悔することはもっと頻繁に保存してば良かったということ。

まず自身で出来る備えとしては、上書き保存のショートカット『Ctrl + S』をこまめに行うようにすること。もしもの時の備えが大事です。

2.回復用データの自動保存の設定を見直す

また回復用データの自動保存の設定も見直しましょう。

これはWordやExcelにある自動のバックアップ機能のことで、一定時間ごとに保存されるようになっています。
データのクラッシュが起こったとしても、再度ソフトを起動すると自動バックアップされたファイルを読み込むことが可能になっているのです。

こちらの機能は初期設定では10分ごとに自動バックアップをされるよう設定されていますが、もっと短い頻度に変えてしまいましょう。

具体的な操作としてはメニューの[ファイル]タブから→[オプション]をクリック。
次のボックスが表示されます。
スクリーンショット 2015 11 04 15 20 34

そこで[保存]から[次の間隔で自動回復用データを保存する]にチェックが入っていることを確認し、10分ごとより短い頻度(ここでは2分)に変えてしまいましょう。

OKボタンを押せば設定が完了。これで今後はクラッシュの際にも致命傷を避けることが出来ます。

あとがき

今回紹介した上書き保存のショートカットと回復用データの自動保存の設定はWordとExcel共通の操作が出来るものです。今後後悔しないように対処しておきましょう。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

以前から気になっていた喫茶店
珈里亜 南口店に行く機会がありました。

おちついた雰囲気で居心地良いお店ですよ。

【月曜・休日の一日一新】

Tokyo shuttleの予約
珈里亜 南口店

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク