早く会議を終えるために行っていること

参加する会議では早く議題の結論を出せるよう次のことをしています。

事前に方向性を決める

事前に議題について自身の結論を決めておき、会議が開催したら早い段階で自分の意見を伝えます。

率先して発言をすることで他の参加者からの賛成・反対意見も出やすくなります。そして意見が出た段階であれば自身だけでは決断をすることが出来ない人でも発言を促すことが出来るようになります。

意見を否定されても構わないので議論を進めることを優先しています。

会議後に予定を入れておく

参加者の特徴などから長時間の会議が予測される場合があります。そのような場合には会議後に予定を入れておき、退席する時間を伝えるようにしています。
参加者へ締め切りを意識して貰うことで、早く終わらせようという意識が向くのでスムーズに議論が進みます。

長時間の会議はやめましょう

会議の目的は物事を決めるための場。自身の結論持った上で参加し、参加者の時間を無駄に割くことは避けるようにしましょう。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
アニメでワンパンマンを見ました。

作品はコミックスの表紙を目にしたことがあったのですが…
主人公の書き込みのシンプルさが凄いですね!

【昨日の一日一新】

GoogleドキュメントにExcelファイルをアップロード

一日一新のきっかけはこちら→一日一新  

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼