フリーランスの起業 会計ソフト クラウドサービス選択法

『会計のソフトやクラウドサービスでフリーランスの人に一番おすすめ出来るものはどれですか?』と質問をされたことがあり、会計ソフトの『やよいの青色申告』、クラウドサービスの『freee』、『マネーフォワード クラウド確定申告』の3つからどれが一番おすすめなのかご紹介します。

主要な会計ソフト クラウドサービス

ご覧いただきありがとうございます。杉並区荻窪の税理士・公認会計士 守屋冬樹です。

比較的新しいサービスであるクラウド会計は主要なものとしては『やよいの青色申告』、クラウドサービスの『freee』、『マネーフォワード クラウド確定申告』の3つです。

マネーフォワード クラウドって聞いたことがない方もいると思いますが、MFはマネーフォワードの略でして、家計簿アプリでご存じなのではないでしょうか?

やよいの青色申告

やよいの青色申告は青色申告会もおすすめしている会計ソフト。会計事務所でも多く使われていて使用法に困ったときには話を聞ける人が多いのがメリットです。
但し、クラウドサービスに比べネット取引の仕訳の取込みがやりにくく、windowsでないと使えないのがネックなのです。ネット上に経理データをアップロードすることに不安があるとこちらがおすすめですね。

freee

freeeはクラウドでの会計ソフトを広く広めたきっかけになったサービスです。経理未経験者への配慮がされ、複式簿記を知らない人でも始めやすいです。

ただし、経理経験のある方にはクセが強く、freeeの使い方を理解するまでに時間が掛かってしまいます。

マネーフォワード クラウド確定申告

マネーフォワード クラウド確定申告はfreeeに比べ今まで経理をやっていた方にも馴染みやすい印象でした。但し、過去に経理をされていた方達からは外部に会計データを預けていることに不安を感じる方が多く、クラウドサービスの利用に消極的な印象をもっています。

起業時の会計ソフト クラウドサービス選択

実のところどれもコストにはそれほど違いも無いのですし、誰しもがこれが良いというサービスはないというのが自分の意見があり、結局は新しく個人事業主としてとして起業した方が経理を取り組みやすいものを選べばいいと思っています。

一定の指針としては

  • 簿記の知識
  • 利用環境
  • クラウドサービスの利用へのスタンス

など考慮して決定すると後になって後悔も少ない選択が出来るはずです。

スクリーンショット 2015 12 08 22 21 52

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

アイスバインを食べました。

料理名にアイスと言葉は入っているものの
温かい肉料理。

…なぜそんな料理名になったのか…疑問に感じています。

【昨日の一日一新】

フランツィスカーナー Bar&Gillの利用

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼