親指シフト始めました。〜『親指シフト道場』の門を叩く〜

『親指シフト道場』というセミナーで未体験だったキーボード入力、『親指シフト』を学んで来ました。日曜、朝10時から濃密な三時間時間を過ごしています。

D6AC4A5C 580D 4554 8B06 8F5B326754E8

身につけたかった楽な入力法

『親指シフト』とはかな文字入力の規格のこと。実はデスクワークが多くなると腱鞘炎に悩まされ、様々なビジネス書で取り上げられている親指シフトに興味を抱いていました。

いつものキーから違う文字が!

参加者は6名でそれぞれ違う環境(Windows・Mac)の中、道場の先生である大東信仁さんの説明に沿って環境設定を行います。

設定が終わると親指シフトのorzキーレイアウトが使える環境のできあがり。
キー配列は次の様になっています。

0835EA72 7060 433B BC9A 19EE07079391

・『A S D F』と入力すると『う し て け』と画面に表示される
・右手のホームポジションは一個右にずれる。

自分が使っているMac環境では『文字のキー』と『シフトキー』or『かなキー』の同時押しで表示される文字が変わるなど不思議な設定に変わっておりました。

初めてのキー入力指南

そして環境が整った中、人生初のキー入力の指南を受けたのですが

・ホームポジションがズレていた事
・キーボードと体の位置の調整
・右手小指が浮いている事

など気がついていなかった変なクセを気がつくことが出来ました。良いチャンスととらえ矯正しています。

親指シフトの環境は使いやすさは?

まだ使い始めた段階ですが、その日のうちに気がつけたのはDelキーがEnterキーの隣になったことから得られた入力のやりやすさ。

今までのキー配列ではDelキーを押す度にホームポジションから手が離れてしまっていたこと、手首に余計な負担を掛けておりました。間違いなく使いやすい環境に変わっています。

親指シフトはマスター出来たのか?

全くの未知であった『親指シフト』、練習法や気になるクセの指摘など教えて頂けても、流石に三時間では身につきません。

元々の入力スピードは一分間に60文字、親指シフトに切り替えた今は一分間に打てるのは6文字と大きくスピードダウンしています。マスターなんて出来ておらず10分の1の生産能力に落ちています。

ですが今はもう年末。もうすぐお正月がやってくるので猛練習するチャンスです。今は残念な入力速度ですがこの機会に親指シフトをマスターを目指します!

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

Kitchen Bee キッチンスタジオ ビーへ伺い

自主企画セミナーの打ち合わせ。

機材、開催日時、場所、スタッフさんが決まりました!

【週末・休日の一日一新】

初代吉田ホルモンに行く
poppeに行く
親指シフト道場に入門

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼