敢えて不慣れなことに取り組む。

安心安全な慣れた環境から一歩を踏み出し
敢えて不慣れなことに取り組む。実は今週、今まで関わったことのない仕事に取り組んでおりました。

経験値がない業務のため事前にかなりの事前準備をして対応。
当日は不慣れな環境であることや、今までの業務で培った経験では不足していた知識などもあり、
終わった後はどっと疲れが出てしまいました。

正直なところ、より楽に多くお金を得る方法は今までの業務を同じようにこなすことだと感じました。

ですが今回、今まで関わったことのない仕事に取り組んだことで、
新しい気づきが少なからずあり、今まで行っていた業務の改善点や
今後の新たな業務へ対応できるきっかけを手に入れることが出来たと感じています。

仮に難しくても試してみたいことを出来るチャンスがあるのなら
一度取り組んでみてはいかがでしょう。

初めてのことに取り組む際、恥ずかしい思いをするかもしれませんが、
今後に生きる新しい気づきを見つけられるかもしれませんよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【昨日の一日一新】

2/5 Mini One 西国分寺店、武蔵府中税務署

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

【編集後記】

初めてあった税理士の方と雑談。

一回り以上の年齢が離れて経歴もまったく違うので
お話ができて刺激的でした。

また来週、よろしくどうぞ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼