自分なりの『理想の顧問税理士像』はどのような存在かを考えてみて

自分なりの『理想の顧問税理士像』を考えることがありました。

理想の顧問税理士像は人によって異なる

理想の顧問税理士増を考えた際に、まず考えたのは人によって理想の顧問税理士像は全く違うということ。

お客様目線で考える理想の顧問税理士像とは?

お客様目線で考えてみると、毎月打ち合わせをし、数字の見える化。今後の資金繰りのアドバイスをするような関係を理想とされる方から、経理と申告について粛々と行って貰えればそれで十分でアドバイスは望まないという方もおります。

顧問税理士との関係について深さを求められる方から浅いことも求められる方までいるのです。

自分自身、経営者として顧問税理士と関わった事はありませんが、マンション管理組合の理事長をしていた際に、契約していた管理会社から様々なアドバイスをされることに困った事を覚えています。自分としては粛々と定められたサービスを提供して貰えればそれが一番の理想で、そこから外れた管理会社の提案に対応させられることに不満を感じたのが正直なところです。

より高度なことを提供すること=顧客満足度が上がるわけではありません。

理想の顧問税理士像であるためにはお客様の理想の税理士像、どんな関わり方が好みなのかを知っておくことが必要不可欠だと思っています。顧問税理士として求められていることを継続して提供し、お客様が求めていない事はしないようにすることで理想の顧問税理士に近づけます。

顧問税理士として最低限守ることがある

しかし、たとえ求めていることであったとしても脱税や粉飾はしないこと、資金繰りが危ういと察知したら早めにアナウンスすること、信頼を失うような行動や対応をとならいことは顧問税理士として最低限守ることだと思っています。

自分なりの理想の顧問税理士像とは?

自分なりの理想の顧問税理士像を言葉にすると

『お客様の望む顧問税理士との関わり方をくみ取りつつも、脱税や粉飾はしない、資金繰りが危ういと察知したら早めにアナウンスする、信頼を失うような行動や対応をとならい姿』

だと考えています。

『理想の顧問税理士』に限らず『理想の〇〇』という問いは誰にとっても共通した正解は見いだせないものです。ただ、だからこそ、改めて理想の姿とは何なのかが自身が進む先を見据えるにあたって重要になってくるのではないでしょうか。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日はある方から初めてのコンサルを受ける。
そんな風に見えているのねと新しい発見。

日々成長ですね

【昨日の一日一新】
〇さんのコンサルを受ける
VOXコーラフレーバー
一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク