RPAを試した印象、単一でなく組み合わせて効率化を図る

Robotic Process Automation(以下、RPA)について昨年末から少しずつ試していました。

RPAはデジタルレイバー(仮想知的労働者)とも言われ、単純作業も24時間休まず働くことができる。活用することで人の労働時間を短縮につながるといったことをニュースでも目にします。

そこで今回は自身で実際にRPAを試してみた印象について記事にしていきます。

関連:

RPAは様々なソフトの操作が出来る

RPAを使って真っ先に感じたのは活用できる範囲が広いということ。

自身が試しに導入したRPAはUiPath(ユーアイパス)というソフト、パソコンにインストールするタイプのものです。
Excelのマクロで利用できる操作の記録機能に似ていた使用感で、単純に手作業でやったことを記録、修正を加えてプログラムを整えるような使い方が出来ました。

Excelマクロの操作であればその対象はExcelなどのMSOfficeの操作が中心ですが、RPAであればMSOfficeかどうかを問わず税務・会計ソフトすらも対象範囲となっています。

一つのソフトを操作することの自動化のほか、複数のソフトをまたぐ操作であっても自動化できるのがRPAの強みと言えます。

全くプログラミングをしたことのない方ですと、若干の敷居の高さはかるかと思いますが、「人を雇ったり、システムを導入するまでもない面倒事をロボットに任せられる。」といった印象です。

例えば

  • Excelから読み込んだデータをInternet Explorerや税務・会計ソフトに反映
  • Internet Explorerで表示させた情報をExcelに保存したりメール送信
  • 面倒な単純作業をするソフトの操作

なども自動化でき、様式が明確な役所関係の業務(自身であれば税務処理)とは親和性があるように思います。

具体的に指示が必要でうまく動くまで時間がかかることも…

その一方で「これで動くはず…」と組んだプログラムが指示が足りず失敗することも多かったです。不明確な指示で対応してくれるのは察しの良い人だけで、RPAにそれを求めてはいけません。

RPA導入の前提となるのが自動化したい業務の流れと操作を明確にすることが必要で、

  • 定形的でないもの
  • 曖昧な指示しか出せないもの

についてはRPA化、自動化のしようがありません。業務の流れを明確にすること、それこそ内部統制のデザインについて理解する段階からスタートするケースも多いはずです。

今後企業で活用されていくはずだから、今のうちに自分自身でRPAを試しておきたいというモチベーションで時間を惜しまずやっていましたが、日々の業務をやりつつ業務時間内でテスト、本番利用が出来るかと聞かれればかなり厳しい印象を抱いています。

操作するソフトに仕様変更があれば手直しを行う必要もある

無事にRPAで自動化でき、次から実行ボタンを押すだけで良いという状況になっても、ちょっとした仕様変更で手直しが必要になることもあります。

実際に、電子申告関係の仕様変更で先月に作ったRPAのプログラミングがうまく動作しなくなり、つい先日組み直すことがあり、今回の記事を書くきっかけになっています…^^;
RPAの特徴に操作する対象が広いことをあげましたが、その半面ちょっとしたことで再度指示をし直すことも多くなるはずです。

業務の効率化は組み合わせることが基本

業務を効率的に進めるためには様々な方法があり、今はその一つとしてRPAという選択肢が注目されている印象です。

他にも

  • AI(機械学習や画像、音声認識)
  • クラウドの共有、バックアップ
  • 利用システムの変更
  • 手書き資料を減らすペーパーレス
  • Excel自体の作り込みや操作を見直す
  • ミスを防ぐチェックリスト、手続書
  • スニペットツール
  • PCのショートカットキー操作

など、業務を効率的に進めるための方法は多数あるので、RPAだけに囚われず不要な単純作業や思考を減らすには?という視点で様々なことを取り入れていくスタンスが現実的かと感じています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
給与支払報告書の提出を終了。
法定調書合計表は未了ですが、まずはほっとひと息ついています。

【最近読んだ本】

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼