RPAの活用は『ロボットくん、ちょっとお願い』ぐらいのスタンスで

RPAを利用した自動化をする際に心がけていることは、簡単に指示できて、その頻度が多いことを任せるといった点です。

RPAはRobotic Process Automationの略語でロボットで行う作業の自動化と思っていただければと。

無料から使えるUiPath(公式ページ)を愛用していまして、同じソフトを使いこなしている方の超大作を目にするとつい真似しようと挑んでいたのですが

  • 『手作業でやったほうが良いのでは?』
  • 『システムを買った方がコスパが良い』

というケースも多く、玄人の真似はしちゃいけないと実体験で学んでします^^;

関連:

RPAの大作を作ってもちょっとした変更でリテイクに

RPAのソフトで源泉所得税の納付書を自動化をしたのが自身が一番苦心して作った大作。

①ExcelのID・パスワードデータを読み込み、e-Taxのサイトにログイン
②Excelの納付データを読み込み、納付書を作成

を自動化。実際に動作する様子をご覧いただければイメージができるかと。

動画にするとわずか数十秒。

『こんな感じでしかないのか。』と肩透かしに思われた方もいるでしょうね。ただ実はこちらプログラマーでない単にIT好きの自分(王道から外れていますが公認会計士・税理士がお仕事)にとっては難易度の高く、制作には少なくとも15時間は費やしています。

ロボットにさせている中身の全体像はこちら、

e-Taxへのログイン操作も兼ねていて、電子申告申請済みの場合だけ納付書を作成するExcelデータも読み込むように条件分岐を加えています。

こちらの処理は最初は2018年の12月に最初のバージョン作り、その翌月に電子申告の仕様変更があり対応版を、さらに和暦の変更が5月に再々修正を重ねて制作時間が増えることに…

使ってみると楽なのですが、ちょっとしたe-Taxの変更で動作をしなくなることもあって費用対効果的には良くなかったですね。(体育会系的に鍛えられましたが…)

関連:

RPAでコスパが良かったのは簡単に自動化できたもの

半年以上RPAのソフトを使ってみて体感したのはボタンをクリックしたり単純な文字入力を組み合わせただけのシンプルな自動化が作成時間も短く、気軽に使えるのでコスパが良かったということ。

組織ではなく、自身ひとり用としてRPAで自動化し使っているから特に実感するのですが、RPAでの自動化は取り掛かるのが億劫であったり、作業的なこと、利用頻度の多いことに対して用いるのが合っています。

最低限の操作スキルがあれば良く、『単純過ぎない?これだけなの?』といった自動化から使うので十分。

高度な操作はそもそもシステムで対応すべき問題ですし、RPAの強みは実務担当者でも自動化するロボットが作れることで、システム化出来ていない隙間的な部分に役立つことですから。

それこそ今のところRPAを一番使っていて役立っているのは税務ソフトの起動終了の自動化です。当初はUiPathの操作に慣れるためにお試しで作ったのですが、とても仕事の役に立ってくれています。

動画ではマウスでUiPathを実行する操作をしている形で録画していますが、実際には設定済みのショートカットキーを押すだけで実行するものです。

税務ソフトを終了する操作は動画映えを意識しないリアルなRPAの操作シーンをアップしました。ショートカットキーで操作するため傍からみると勝手に動いているか、当初からそういった動作のソフトと勘違いしてしまうのではないかと。


自身の手でIDやパスワードの入力やクリックしなくて済むぐらいが敷居が低く、意図した操作が指示しやすいのでちょうど良いです。

『ロボットくん、ちょっとお願い』ぐらいのスタンスで

以前参加したAI・人工知能EXPOでRPAのベンダーさんにお話を伺ったり、同業者の方たちにRPAを使った自動化の話を聞くと妙に身構え過ぎているように感じています。

関連:

RPAはロボットを動かすためのショートカットキーを打ち込んで『ロボットくん、ちょっとお願い』ぐらいのスタンスで接すれば十分です。

だいぶ融通がききませんが、きちんと教えておけばサボらず頑張ってくれるのがRPAの素敵なところ。最近では『動いてくれてありがとう』と、ロボットくんを褒めてあげたいぐらいに感じています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
最近はブログ記事に出来ていないことが渋滞

  • 全国の税理士さんが集まるZ20 サミットin鎌倉に参加
  • 共著で参加した『Chromebookのある それぞれの365日(Day 3)』がKindle書籍化
  • slackでChromebookをお仕事使いされている方へインタビュー企画を敢行中

など、他にも色々ある状態に。対策を考えていかないとですね…

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼