元 大事MANプラザーズバンドの立川俊之さん。しくじり先生として登場 

テレビ朝日でやっている しくじり先生 俺みたいになるな!!という深夜番組を毎週見ています。

先日放送されていたのが「それが大事」という曲を歌いすぎて
何が大事なのかわからなくなってしまった先生
元 大事MANブラザーズバンドのボーカリスト立川俊之さんの授業でした。

スクリーンショット 2015 02 02 23 53 28

番組の紹介

番組の紹介がホームページで書かれています。以下引用です。

「しくじり」で「こうならない」を学ぶ教育バラエティプログラム しくじり学園では、普通では考えられないくらい大きな失敗をしてしまった「しくじり先生」が、『自分のような人間を増やすまい!』という熱意を持って生徒たちにしくじった経験を日夜教えています。

「それが大事」を歌いすぎて何が大事なのかわからなくなってしまった先生

元 大事MANプラザーズバンドのボーカリスト立川俊之さんの授業でした。
大事MANプラザーズバンドの代表曲に「それが大事」という曲があります。

その曲は累計160万枚売れた大ヒット曲

負けない事・投げ出さない事・逃げ出さないこと・信じ抜くこと
駄目になりそうなとき、それが一番大事

この曲を多くの人が耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ただ「それが大事」が空前のヒットから立川さんは多忙となり、

一番大事と歌っていた

負けない事・投げ出さない事・逃げ出さないこと・信じ抜くこと

その全てを自身で否定することになってしまったそうです。

自分にとって何が一番大事なのかを考えること。そのこと自体が一番大事。

番組の中で立川俊之さんからとても心にのこる言葉がありました。

何が本当に一番大事なことは人によって違う。

自分の経験を鑑みて
常に何が一番大事なのか考えて生きていれば
何が一番大事なのか徐々に分かって見えてくる。

自分にとって何が一番大事なのかを考えること。
そのこと自体が一番大事。

あとがき
単純にバラエティとして面白いから好きな番組でしたが
立川俊之さんの授業は見れて良かった。自分自身を振り返ろう。
そう思える内容でした。

しくじり先生 俺みたいになるな!!見たことがない方。おすすめですよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【週末・休日の一日一新】

1/30 居酒屋さんでテイクアウト
1/31 新しくできたコンビニの利用
2/1 コメダ珈琲でカフェオレ注文

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

【編集後記】

土曜は整体、相続税の勉強。
日曜は疲れがたまり完全オフ。

ここ最近、予定を入れすぎてしまいました。
休息も大事ですよね(;^_^A

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼