会計事務所の紹介会社への登録をお断りしている理由

会計事務所の紹介会社から登録しませんかと営業のお電話がありました。

そのような紹介会社からの申し出は全てお断りしている方針であることをお伝えし、電話を切っております。

ではなぜ紹介会社からの営業を断る方針なのか書いておこうと思います。

値段の割にサービスレベルが低くなる

紹介会社を利用すると会計事務所からその紹介会社に対し報酬を支払うことになります。

その報酬は会計事務所にとっては追加のコスト。

そのコストに見合う収入になるように通常の契約よりも報酬を高く設定する必要があること。

仮に報酬を上げなかったとしてもお客様へのサービスの提供のレベルを下げることで値段を折り合うように対応する必要があります。

その結果、値段の割にサービスレベルが低くなるのです。

そうであるならと、お客様にとって必要なサービスを提供でき、適切な報酬になるように紹介会社を利用しない方針にしています。

あとがき
他にもいくつか理由はありますが自分の税理士事務所のホームページには連絡先として電話番号が書いておりますが、その下には
※あらゆる営業のお電話はお断りしております。と明記しています。

それすら確認していない会社からの営業のお電話には及び腰になってしまうんです。。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

アクセスの多い記事についてBlogの右側に表示するよう変更。
意外な記事がランクインしており、振り返るきっかけになりました。

【昨日の一日一新】

2/24 パソコンをリサイクル手続きのため引き渡し

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼