資料の中から必要な情報を素早く読み取るために意識していること

自分は公認会計士・税理士という職業柄、契約書や稟議書、議事録、報告書などの資料を目にする機会が多いです。
そのため、資料の中から必要な情報を素早く読み取れるように意識していることがあり、今回はそのことについて投稿します。

資料を読む目的を明確にする

まず資料に目を通す前に行うのは、何のためにその資料を読むのか?改めて目的をはっきりさせることが重要です。

目的意識がはっきりとしていれば必要な情報が書かれている箇所はきっちり読み、不要な部分はざっくりと見るというメリハリを持った確認が出来ます。

全体像を大まかに掴み、あたりをつける

次に資料の全体像を確認します。目次がある場合には確認し、なければ全ページをさっと目を通しましょう。この段階では精読する必要はありませんので、どの辺りに何が書かれているのかあたりを掴む程度で充分です。

あたりを付けたところを確認していく

資料を頭から読む必要はなく、後はあたりをつけた箇所から確認していく段階です。目的を達成出来るレベルまでつまみ食いすると割り切ると早く必要な情報だけ読み取ることが出来ます。

分厚い報告書であったとしても、自分が欲しい情報はたった数ページだけということもあり、全部は読む必要はないと考えると楽になりますよ。

あとがき

この資料の読み方は、行うことに対してスケジュールが詰め込んでいた時期に多くの資料を確認・検討しないといけないことがあり意識的に行うようになったもの。

読書法として習ったフォトリーディングや、本田直之さんのレバレッジ・リーディングの影響を受けた資料の確認法です。
読む目的に立ち返ってから取りかかり、あたりを付けた所だけ読むと割り切ると早く必要な情報を集めることが出来ますよ。

関連エントリーはこちら

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ひょんな事から北島 花ぼうろの差し入れを頂く。
初めて食べたのですがあんずの味がとても美味!

長崎の美味しいお土産と出会えました。

【昨日の一日一新】

北島 花ぼうろ
no image画像をブログに追加
半蔵門のおでん屋さん よし田

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク