作業スペース確保にマーブルスタンド、机を広く使う。

監査のお仕事ではクライアントの会議室などで作業をすることが多く
作業スペースの確保のためマーブルスタンドを購入しました。

事務所と出先での作業環境の違い

事務所の作業机ではデュアルディスプレイやスキャナーもあり
資料はほぼデータ化しているので2つのモニターを見つつ作業出来る環境にしています。

ですがクライアント先などの外出先では
ディスプレイやスキャナーなど持ち込む訳にもいかず(重いですしね。。)
一部のデータを除きほぼ紙資料という状態です。

紙資料を机に並べながらパソコンを使うと作業スペースがないことや
机に並べた資料を見るため視点が下を向き首や肩が凝ることもあります。

資料を立たせる、作業スペースの確保にマーブルスタンド

なにか良いものはないかと探していたところ
鈴木真理子さんの絶対にミスをしない人の仕事のワザという
本に紹介されていたペーパースタンド「マーブルスタンド」を
使うようになりました。

B355ABBD C141 45BB 8B5F 9FE626EDD960

この「マーブルスタンド」はプラスチックとガラス玉の間に紙を挟むと
普段寝かせて見ていた資料やメモが立った状態に

E056CD81 2F7C 493B BE7A 374C8199A6AB
資料やメモが見つつ作業がしやすく、作業スペースが確保も出来ます。

 

まとめ

小ぶりで持ち運びやすく
地球儀のデザインが可愛らしく周りからのウケもよかったです(笑)
A4の書類1枚でも紙が立ってくれますのでおすすめですよ。

    

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【週末・休日の一日一新】

12/12 Brian the Sunのライヴ
12/13 meiji 香るカカオ
12/14 UCCカフェコンフォート三省堂書店

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

【編集後記】
週末にうまくリフレッシュ出来ました。
ひとつずつでも
やることを進めておりますよ!

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼