凄みを感じた同業者から学ぶ 会うために実践したこと

とある会計事務所の所長の税理士さんから『なんで他の税理士さんと会う機会が多いのか?』と聞かれることがありました。
そこで今回は同業者に会いに行く理由、どのような人に会いにいくのか、どうやって会っているのかを投稿します。

同業者に会いに行く理由

自分は、会計士・税理士として会計事務所を開いているのですが、他の事務所の所長の方々はどのような方達なのか?自分との考え方の違い、魅力はどこなのかなど知るために会いに行っています。

それぞれ大切にしていること、事務所運営で気をつけていることなど違いがあり、自身のスタンスや状況など改めて確認することが出来ます。

実際に会ってみるとその方の持っている空気感や、何気ない所作、使っている道具なども参考になります。

不審感を抱かれない程度にコッソリ観察をして取り入れたいこと、自分との考え方の違いなどをまとめています。

どのような人に会いに行くのか?

どのような人に会いに行くのかというと、参考になった本の著者の方、情報発信で個性やこだわりを強く感じる方、気になっていた業務をされている方などが中心。

自身が凄みを感じた方に会いに行っているので勉強になります。

どうやって会っているのか?

どうやって会う機会を得られたのかというと。
興味があった方のネットの情報発信(ホームページ、Facebook、Twitter、メルマガなど)を意識的にチェックしていたことや、共通の知人との縁がきっかけでした。
共通の友人はなかなか出来ませんが、ネットの情報発信をチェックしておくとは簡単にできるのでおすすめです。

実際に会ってみたいと感じたら次にあげるアクションを起こしましょう。

セミナーに行く

まず一番簡単なのがその方のセミナーに行くこと。質問をすればお話をするチャンスを得られますし、懇親会などあればできる限り参加してみると仕事以外での人柄も伝わってきます。

本の出版記念イベントなどは普段セミナーをされていない方も人前に出るので狙い目です。変なプライドは捨てて学んでしまいましょう。

コンサルに申し込む

次にコンサルに申し込む方法です。セミナーに比べお金は掛かりますが、都合がつけば個別にお話しすることが出来ます。リアルな仕事姿が見られるので仕事面での参考になることが多いです。

共通の知人を通じて会う

ネットでの情報が少ない方でも共通の知人を通じてお会いする機会がありました。これは運頼みの部分もありますが普段から接する知人、友人との縁を大事にしておきましょう

あとがき

同業者と会うことで今まで気がつかなかった自身の強みや弱みに気がつくことも出来ます。今後の事務所運営の改善のためにも是非会ってみることがおすすめしますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日はブログを書くことに苦戦。
普段より2倍の時間を掛けることに…

事業計画についての論点を整理、キーとなる部分だけ
ゴリゴリと削りだすように書き上げました。

【昨日の一日一新】

サンライズ本社
レストラン AOYAGI

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク