A4資料の閲覧を重視してサブモニターを新調。

パソコンでA4縦のPDF資料を確認する機会が増えたこともあり、サブモニターを新調しました。

リモートワークで紙資料からデータでの確認へ移行している方の参考になるかと、自身のPCモニターを新調した理由や、購入時に意識したことをご紹介します。

関連:

現在のデスク環境、複数のモニタを使い作業スペースを確保

新調したのは縦置きしているモニターで、普段はノートパソコンを母艦として使いつつ、モニターを2台接続して使っています。

複数のモニターを使っている理由は単純に参照する画面と作業する画面を分けて表示させたいからです。

各モニターの用途は

  1. 正面の大きなモニター(27インチ、16:9のアスペクト比、2560×1440 WQHD)は作業用
  2. 縦置きしたサブモニターは確認用
  3. ノートパソコンのモニターは業務連絡用のMicrosoft TeamsやGoogle カレンダーを表示

といった形で使い分けています。

書類を扱う際にはデスクに資料を横におき確認しつつ作業することが出来ますが、パソコンであっても同じようにしたいのでこの使い方に落ち着きました。

モニターが複数あると印刷やパソコンの操作テクニックに頼らなくて済みますし、やろうとしたことがスムーズに対応できます。

サブモニターの新調は、PDFやデータの確認が増えたから

サブモニターを新調した主な理由としては

  1. アスペクト比(画面の縦横比)が16:9のモニターのため縦置きでは上下の視点移動が疲れる
  2. 入力端子がHDMIひとつだけで複数台のパソコンを使う際にケーブルの抜き差しが面倒

といった点を意識してのこと。

今年になってから新型コロナの影響もありまして、紙の資料の受け渡しは減ってPDFやExcelなどデータを共有・送付していただくことが増えていましたし、データはモノとして存在しない分だけ、どのようなモニターを使うのかも影響が大きいです。

使い勝手がイマイチなら変更してしまおうと買い替えてしまいました。

ThinkVision T23d-10はアスペクト比16:10で設計の良さと手頃な価格が魅力

新たに購入したモニタはThinkVision T23d-10 です。A4用紙のアスペクト比(おおよそ14:10)により近い、アスペクト比が16:10のものを選んでいます。

主なスペックとしては

  • 液晶 22.5 型ワイド(画面のアスペクト比16:10)、 IPS非光沢液晶
  • 最大解像度 1920×1200、ブルーライト軽減機能あり
  • 入力端子 DisplayPort、HDMI、D-Sub mini 15pin
  • 画面の調節機能 回転、角度、高さ
  • VESA規格対応
  • スピーカーはなし

画面の大きさは24インチのものから22.5インチへとサイズダウンしていますが、A4サイズ1枚を表示する分には影響はありません。

入力端子は3端子を備え、他のメーカーではおざなりになりがちなVESAマウントとの干渉も考慮された設計になっていること、モニターアームを取り付けなくとも画面の回転も可能です。

さらにモニターの正面に5つの操作ボタンがあり、入力端子の切り替えや画面の明るさ調整もしやすく隙がないのが嬉しいところでした。

Lenovo直販サイトから価格は1万円台半ば購入できる手頃な価格も魅力のひとつだと思います。

到着まで若干時間は掛かりますが、その点をクリア出来るのなら作業用モニタとして買って後悔することはない商品かと。

直販サイトのリンク

ThinkVision T23d-10 (22.5インチ)|レノボジャパン

紙の資料からデータでのやりとりに変わって

関与している仕事のなかには新たにペーパーレス化が進み、A4用紙に印刷してファイルに縦向きに綴る形で納品からがデータで納め、その確認もモニター上でされる流れへと変わった案件もあります。

以前の資料は印刷したA4縦ベースでも、納品データは印刷がされずにモニター上で確認される形なので、縦置きの参照用モニターと横置きの作業用モニターの2つを使い分けて処理するのがやりやすいです。

ペーパーレス化の過渡期ということもありますが、うまく機器を使いましてそつなく対応していければ良いなと思っています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

夏は対外的な予定が少なく、落ち着いてこれまでを振り返りつつ今後の方針を練っています。
動いていかんとなぁといった感じです。

お知らせ
下記は現在受付をしているサービス一覧となりますので、ご入用の際には是非ご連絡いただければと思います。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、システム、ペーパーレス、経理関係ほか)
記事をご覧頂きありがとうございました!

■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼