年明けに家族と話した仕事や機械化、日々の生活についてのこと

年始には実家に帰って家族と時間を過ごすようにしています。日々やりとりをしていても、実際に会う機会は少ないこともあって意識的にお互いの近況について話をするように。

今回はそんな家族とのやりとりの中で普段感じていることや、考えていたことについて書き残したいと記事にしました。

関連:

公認会計士・税理士それぞれの立場で研鑽を積む

自分の中で公認会計士や税理士という資格は自身の就業可能性を広げてくれたものです。公認会計士試験に受かったから、恵まれた環境で働き始めることが出来ましたし、税理士に登録出来た事が独立時の選択肢を現実的なものとなっています。

ただ最近ではこれらの肩書きが自身にとってあるのが当たり前と感じてしまうことも多くなってしまった様にも思います。資格の信用というものはこれまでの諸先輩方が築き上げてきたもので、その状況に慣れてしまうというのは危うさもがあります。

その理由は分かりやすい肩書きや国家資格があるからといっても、その守備範囲は案件によって様々で、その中には知識も経験もない部分も少なからずあります。

今は情報が充実しているので単に知るだけであれば楽になっていますが、自身のものとして活用出来る様に出来ているかは別でして、それこそ研究に近いことも必要です。

特に自分は公認会計士と税理士の2つの肩書がありますので、「何でもは知らないし出来ない。」と慎みを忘れず行動していきたいなと。

関連:

継続する、しないの見直しが続く変化の時期

昨年は仕事・プライベート共に「これまでと同じで良いのだろうか?」と、感じてしまうことが多くなっていました。時間が経つにつれて仕事や価値観なども変わっていき、疑念が生まれたり負担が増えてしまい折り合いがとれなくなってしまったこともありました。

紡いだ縁を大切にしていけるのはお互いに持ちつ持たれつの意識が伴って出来ることです。2020年も引き続き折り合いをつけていくことはあるかと。

関連:

機械に頼ることがより身近に

RPAやIOT、AIについて日常的に使うことが多くなったのが2019年でした。

  • 朝起きたら何時か教えてもらい、電気を付けて貰う。
  • ネット銀行や、日次や週次タスク用のGoogleフォーム・スプレッドシートへのアクセスをロボットにまかせる。
  • 音声入力でTODOやメモを残す。
  • 自身の体力を数値化してモニタリングする。

などがこの一年で当たり前に。

2018年は「機械に仕事を奪われるのか?」と漠然と感じていた不安も、2019年は「どのような事を機械に任せることが出来るのか?」と、一歩前進しちょっとずつ試行錯誤していました。

2020年は2019年の経験を土台にしてさらに踏み込んでITを活用していきたいと感じています。

関連:

大きな目標より日々の習慣の積み重ねを

何か大きな目標を成し遂げようというよりも、継続的に日々行っている習慣の水準を上げていきたいと取り組んでいくこと大切にしたいです。

大きな目標を立てたとして、もし達成してしまうとモチベーションは保てません。

目に見える大きな成果が得られたとしても、それは日々の習慣の延長線上としてのものとして日々の習慣の積み重ねを大切にしたいなと感じています。

関連:

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
キャンプ漫画のゆるキャン△がドラマ化!
第一話を見たところ、ほのぼのとした雰囲気になんとも好みです。

【最近読んだ本】

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査、IT、ペーパーレス、経理関係ほか)
コンサルティング(クラウド会計のセットアップや使用方法の指導ほか)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク