税務業務支援ツール研修会の内容が良い! 独立会計士に役立つ研修

先日、『開業するなら知っておきたい税務実務研修会(第5回)税務業務支援ツール研修会』を受講しました。

その内容は事務所を運営する者として必要な品質管理とツールの提供するというもの。自分のような監査法人出身で税理士として独立開業するのなら受講しておくべき内容でした。

EA169570 F65B 45FE 9616 418A955B5995

大きなアドバンテージになる支援ツール

まずお伝えしたいのがこの研修内で提供された税務業務支援ツールは会計士にとって使いやすい様式になっていること。

・経営者確認書のような消費税の課税方法の確認書
・全般調書のような決算申告業務の管理シート
・税金調書のような税金勘定の分析フォーム
・開示チェックリストのような会計処理と申告書のチェックリスト
・調書の保管ルールのような保管期間やインディックス

いずれも監査業務を彷彿とさせるような様式なので、現場責任者の経験のある会計士の方であれば違和感なく使えます。

スタッフを雇うのであれば効率的なレビューするためにも必須ですし、自分のようなひとり会計事務所であっても品質管理上活用していくべき内容です。

こういったツールは各事務所で時間を掛けて試行錯誤…実務を行いながら徐々に積み上げて出来る物なので、研修で一定以上のレベルになっている様式を受け取れるのは大きなアドバンテージになり得ます。ぜひ、自分の事務所用にアレンジして活用していきましょう。

税務調査対応にも配慮

また、税務調査対応にも配慮があり、一般的な対応事例や事前準備のチェックリスト、立会記録の様式も支援ツールが提供。

この内容には税務調査時に税理士として座ってはいけない席の場所、税務調査時の対応として心がけることまで解説されています。

既に独立していても一見の価値あり

今回の研修は事務所の品質管理と運営上とても参考になる内容でした。

会場に足を運べなかった方も数ヶ月後にはCPEのeラーニングとして見られると思います。独立している方は是非一度見ておくべき研修ですよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

参加した研修で先輩と再会。
誰かに会えるかもと期待していたのですが
嬉しい出会いとなりました。

【昨日の一日一新】

天馬 中野店

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク