監査法人出身の会計士は試算表を起点に決算書を検証していく

監査法人出身の会計士が決算書をチェックするときには仕訳一本一本の正確かどうかを見るよりも試算表から検証していくスタンスが一般的です。

そういった検証スタイルは監査法人出身の会計士独特のものなのではと感じ、今回投稿していきます。

監査法人が行う監査業務は試算表が起点になる

監査法人で主に行う業務といえば公認会計士の独占業務である会計監査。会計監査の業務をざっくりとお伝えすると企業などが作成した決算書をチェックして妥当かどうか判断、決算書の妥当性を保証することを行っています。

第三者に対して決算書の妥当性を保証をする関係から自身が決算書を作成する側になってはいけませんし、企業などへの強制調査権がない中で対応していくことになります。また、一般的に監査が求められる対象は大企業のため仕訳を一本ずつ正確かどうかを確かめていくことは現実的ではないですし、効率的でもありません。

そこで監査業務では仕訳を一本一本確かめていくアプローチではなく、入手可能な試算表を起点として一年間の経理数値が妥当かどうか判断していきます。

試算表から違和感を見つけ理論値から検証していく

監査法人の行う監査というと、とてつもなく高度な手続きや分析手法があるのでは?と思われるかも知れませんが決してそんなことはありません。しいていうのであれば決算書の違和感を見つけるために行う分析や検証などの手続きが他の経理関係の方々に比べると徹底して行われている仕事といえるのではないでしょうか。

決算書を見る目線は目的によって違い、経営者目線では収益性や資金繰り、銀行目線では融資の安全性、投資家目線では投資のリターンが見込めるかどうか、税務署目線であればどれだけ税金が取れるのか、という視点で見る意味合いが強いですし、税理士目線であれば経理担当者目線と経営者目線で必要とされていることを中心に行っているはずです。

会計監査であったとしても経理業務として一般的な検証といえる現金や預金、在庫について現物を押さえることや、取引先への残高確認、科目内訳や新規取引のチェック、前期同期比較、月次推移の検討など当たり前のことを行うことが起点になります。

そのうえで

  • 部門別やセグメント別分析
  • 売上債権、棚卸資産、仕入債務と各関連損益との回転期間分析
  • 人件費や固定資産、利息などのオーバーオール(理論値と実績比較)

など決算書の各関連項目に異常や違和感がないのかを総合的・徹底的に見ていけることは監査法人出身の会計士ができる特徴なのではと感じています。

あとがき

監査法人出身の会計士が行う決算書の数字の検証スタイルについて試算表を起点としていくことを中心に書きましたが、もちろんそれだけではなく経理に関連する業務の流れの整備と運用をしていたり、社内や関連業界をキャッチアップなど併せて行うことで決算書が妥当だという心証が得られていくものです。数字自体をどう見るのかも大切なのですがそれ以外の情報も重要だと感じています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
昨日は問い合わせ対応や確定申告業務。

数字をタイプする時間が多かったのですが
MacBookProのTouchBarのF1に意図せず触れてしまっているようで
何度もExcelのヘルプが表示されるなど…

今までこんな誤入力したことなかったのにと困惑中です(^^;)

【昨日の一日一新】

ベローチェ アメリカンコーヒー

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク