失敗しても続ける、続けた理由

『色々なことをしていて痛い目にあったことはないのですか?』その質問に
『ありましたよ』そう答えた後、それでも続けているものがあるのはなぜだろうかと考えることがありました。

7BBD7095 CA6F 447F 95C8 7A8011F5ADC5

色々なことをしていれば痛い目にも合います

自分は監査法人から社会人のスタート、公認会計士となった後、税理士事務所を営んでいます。

そして、その公認会計士・税理士という2つの業務の経験から派生して人が聴きたい・自分が届けたい音楽を提供するイベンター、マンションの状況改善の観点から管理組合の理事長もしています。

どの面もお金に関するものと共通点があるのですが、それぞれの特色や必要な知識の違いもあり、きちんとやろうと取り組んでいても失敗してしまったこと、痛い目にあったことも経験をしています。

ひとつのことだけを行っていれば痛い目に合わないか?

ただ、ひとつのことだけを行っていれば痛い目に合わないのかというと、決してそういう訳ではありません。
ひとつのことだけに集中させてしまったために、思考、発想が狭くなってしまい対応の幅が限られ痛い目にあってしまうこともあるのではないでしょうか?

自分自身の場合では公認会計士だけを続けていた場合、今は取り入れているPCに関する効率的な操作法、業務処理のノウハウ、問題解決への取り組みへの意識などは得られないままだったため。大きな問題を抱えていたでしょう。

失敗しても続ける、続けた理由

痛い目にあってしまうかも知れないから、ひとつのことだけを続け、他のことは目を向けない。
そのような考え方は、今後の可能性の芽を育てる邪魔をしていますし、ひとつのことだけを続けていても痛い目にはあってしまう。

また、別のことをひとつ取り組むと、その経験は全体の能力の底上げにつながりますし、そこでの失敗や痛い目にあった経験は自身の糧になっています。

そして何より、興味のあることや好きなことについて出来ない理由を探すより、難しい問題があったとしてもやってみる方が楽しいです。

自身の成長と充実した日常を得たい、そう考えて色々な物事を取り組んでいます。

みなさんは自身の行動を振り返りどう感じたでしょうか?

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
マインドマップ習慣化チャレンジ達成記念に
コンビニお菓子を解禁。

休息のひととき、おやつタイムの幸福感を味わいました( ´ ▽ ` )ノ

それではみなさんまた来週、よろしくどうぞ。

【昨日の一日一新】

6/11 もっちりチーズケーキ
もっちりチーズスフレととろけるチーズクリームを食す

一日一新のきっかけはこちら→一日一新