続 大原TWO-ONE経験者が語る 2ヶ月で日商簿記1級を目指し挫折した過去の失敗談と反省点

大原TWO-ONE経験者が語る 2ヶ月で日商簿記1級を目指し、挫折した過去の失敗談と反省点』に引き続き、過去の失敗と反省について投稿します。

IMG_4651

彼(試験問題)を知る 過去問は重要

『彼を知り己を知れば百戦殆からず』と言われますが、日商簿記1級を合格するためにも、彼(試験問題)と己(自身の解答力)を知った上で取り組む事が効果的です。

しかし残念ながら受験する際の試験問題は当日、試験のその場にならないと知ることが出来ません。

そのため、実際に出題された最近の過去問を分析、受験する時の試験問題を想定して勉強をすることが重要になります。

己(自身の解答力)を知る 過去問はいきなり解かない

過去問が重要だとしても、受験勉強をはじめたばかりの段階ではいきなり解こうとしてはいけません。

過去問が重要だからと試験勉強開始直後に自分はいきなり過去問を解こうとしたことがあるのですが当然に問題が解けず、時間を掛けて復習をしても理解すら出来ず途方に暮れてしまいました。

己(自身の解答力)を無視した愚策でしたね…(^_^;)

まずは過去問を解こうとせず、最近の試験からどのような論点がどのような問われ方で出題されているのかを確認することだけにしておきましょう。

過去数回分の問題と解答用紙を眺めれば、おおよその出題傾向もつかめ次はこんな形で問題が出るのではと短時間でイメージを掴むことが出来ますよ。

あとがき

TWO-ONEで成果の出なかった自分の書いたことは信用できないかもしれませんが、実はTWO-ONEの半年後に日商簿記1級は合格し、翌年1月の試験では全経簿記上級にも合格しています。

実際に行った失敗と反省点なので、合格に繋げる糧にして頂けたらと思っています。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
僕のヒーローアカデミアのEDがBrian the Sun!

注目していたバンドがジャンプアニメのタイアップ!
活躍に胸が熱くなりました。

【昨日の一日一新】

PRONT北千住駅店

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

■moriya-blogは、次の方法で購読できます。
・Facebookに更新情報が流れます。

・fleedlyで更新情報を受け取れます。
follow us in feedly

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼