Excelマクロで行うcsv、xlsx、PDFファイルの保存

Excelでマクロを使用する際に

  1. csvファイル
  2. xlsx(Excel)ファイル
  3. PDFファイル

の3つの形式としてファイルの保存をする方法をよく使います。そこで今回は保存方法ごとに実行するマクロについて記事にしました。

Excelマクロを使うのは簡単で単純作業のものだけでもいい。

ExcelのマクロはVBAという言語のプログラミング機能のこと。うまく活用できるとこれまで手作業で行っていた処理について自動化することが可能になります。

Excelを使った効率化に力を入れようと数年前に習い扱うようになり、Excelを使う方なら触れておいても損はない知識です。

関連:

ただマクロをある程度扱えるようにするためには学ぶ時間も必要でして、実際にマクロを組む手間も無視できません。

また、マクロで処理した内容がブラックボックス化してしまいがちで、時間が経ってしまえば自分で組んだマクロでも自分自身で読み解けないなんてことも案外起こります…^^;

そこでExcelマクロについては使用頻度が高く定型的な作業を中心に使う。頻度はせいぜい四半期ぐらいまで、他の人にも簡単に説明できるものだけに絞って割り切って使っています。

csv、xlsx、PDFファイルを保存するVBA

今回はcsv・xlsx・PDFそれぞれ保存するVBAは、いずれも経理業務を中心に使っているもの。csvとxlsxファイルとして保存するものは会計ソフトにインボートするためのデータとして、PDFファイルとして保存するものは経理処理の根拠データとして残すために活用しています。

次に紹介する記述では

  • 保存対象は表示しているシートのみ
  • 保存先は操作しているExcelファイルと同じ場所
  • ファイル名はimportという名称

と、なっています。

csvとして保存するExcelマクロ

Sub CSVで保存()
'シート名をimportとする
Dim fileName As String
fileName = ThisWorkbook.Path & "\import" & ".csv"
    Application.DisplayAlerts = False
    
        ActiveWorkbook.SaveAs fileName:=fileName, FileFormat:=xlCSV, local:=True
    
    Application.DisplayAlerts = True
    
End Sub

Excelファイルとして保存するマクロ

Sub Excelで保存()
'シート名をimportとする
Dim fileName As String
fileName = ThisWorkbook.Path & "\import" & ".xlsx"

    Application.DisplayAlerts = False
    
        ActiveWorkbook.SaveAs fileName:=fileName, FileFormat:=xlWorkbookDefault
    
    Application.DisplayAlerts = True
End Sub

PDFファイルとして保存するマクロ

Sub PDFで保存()
'シート名をimportとする
Dim fileName As String
fileName = ThisWorkbook.Path & "\import" & ".pdf"

    Application.DisplayAlerts = False

        ActiveSheet.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF, fileName:=fileName

    Application.DisplayAlerts = True

End Sub

なお、こちらの記述ではシンプルにPDFファイルで保存するだけのものなので、セルの中身が見切れてしまうことや意図せず複数ページにまたがってしまうこともあります。

PDFとして保存する際には印刷時と同様にどのように表示されるのかあらかじめ確認をしていただければと思います。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

先日、立川にあるシネマシティの映画館に初めていき音響の素晴らしさを知ることに…
せっかくだからと改めて幼女戦記の劇場版も観に行って大迫力の爆撃音を体感。

新宿の方が近いのですが、劇場での迫力求めて足繁く通うことになりそうです。

【最近読んだ本】

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼