着信拒否の利用

困る方々からの電話どこまで対応してますか?

タイトな日程での仕事中。
スケジュールを無視して割り込んでくる面倒な方からの着信あり。

皆さんはどう対応されておりますか?

IMG 3207

まずは迷惑電話の予防

自身のホームページで分かりやすい位置に電話番号を開示してたことがあり、その時はコピー機のリース会社の営業電話が来て仕事になりませんでした。

そのことがきっかけで、迷惑電話がこないようにするためには電話番号を出来る限り開示しなければいいのではと、ホームページでは問い合わせフォームが連絡先として表示しております。

 

最後の手段は着信拒否

重要な会議やセミナー講師を行っている際などはその場に集中したいため、
すべての電話を取らなくてもいいと割り切って携帯の電源をオフにしています。

ただ、どうしても電話にでたくない
そのような特定の方だけは勇気を出して着信拒否設定を利用してみました。

着信拒否をしてみると今までの悩みはなんだったのかと感じます。困った方からのお電話にお悩みの方はおすすめです。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
電話に悩んだひと月前、
エンカウント回避を探る今日この頃

そっとしておいて欲しいのと
切なる想いで文を打つ。

【昨日の一日一新】

サブウェイきのこチーズチキンを食べる。

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼