AI・人工知能EXPOに参加、AIはさりげなくより身近になっている

人工知能(AI)について知りたいと、4月3日~4月5日に東京ビックサイトで開催されたAI・人工知能EXPOに参加。

気が付くとAIはさりげなく身近なものになっていっているなと強く感じています。

将来に備えてAIに抱く抵抗感は少しずつ取り払っていく

自身がAIについて抱いている価値観は『AIは世間に普及していくだろうから、今のうちから知識と得て実際に使い抵抗感を減らしていきたい』というものです。

昔は単純作業が人から機械へ変化していきましたが、今後技術が進歩していけば世の中が便利になる一方で様々な業務が人からロボットやAIに置き換わっていくはず。

そういった考えから昨年からAI関係の本を読んだりセミナーに参加して情報収集。他にもAIの得意とする画像認識や音声入力について意識的に使ってみたり、『今後こんな風に環境が変化していくのでは?』という話をする機会を設けることも。

自身は今34歳となりますが、資格の有無に変わらずこれまでと同じことを仕事としていくことは難しいはずです。ロボットによる自動化やAIが普及していく将来への備えとして今うちからAIへの抵抗感を減らしておきたいのです。

関連:

AIは気づかないうちに生活に溶け込んできている。

AI・人工知能EXPOに参加して出展されている企業の方とお話したりセミナーを受けた印象としては『サービスがより低コストで提供できるようになったり、利用者が便利になるようにAIが利用され始めている。』ということ。

利用するための料金設定が厳しいこともありますし、完ぺきに人の代わりになる訳ではないものの、導入すれば手間は減るし、掛かる時間も減っていくだろうなと思うサービスを見聞きました。

メルカリのCPO(Chief Product Officer)である濱田さんの講演を聴く機会もあったのですが、そこで話されていたのは将来的にメルカリで商品を売り買いすることを当たり前に空気のようにしていきたい、その実現のための方法としてAIの技術を組み込んでいたこと。

メルカリのサービスでは主に画像認識の技術を利用して違反物の出品チェックや出品物のブランドの自動判定、価格推定などされていていたことや、他にも他社での利用事例も説明されていました。

AIをさりげなくサービスに組み込まれていることを見聞きして、強い宣伝キーワードとしてではなく、どうAIをサービスに活用してお客様に価値を感じていただけるようにするかを考えて取り組んでいかないとなと感じております。

関連:

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
Amazonプライムビデオを観るために
ヘッドマウントディスプレイのOculus Goを導入。

低価格でホームシアター体験ができ、とても良くて驚きました!

【最近読んだ本】

お知らせ
東京都の杉並区荻窪で守屋冬樹税理士事務所を営んでいます。
お客様の担当は必ず守屋冬樹自身、監査法人での経験を駆使した決算申告のみ対応が強みです。

■サービス一覧
内容と料金は下記のリンク先にて明示。ご入用の際はぜひクリックしてご覧下さい。
小規模会社個人事業主の税務顧問
・創業から2年内の会社様限定メニュー 創業顧問創業借入
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
出版、講演、記事執筆(監査実務、各種税金など)
個別相談
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク