寝なきゃ頭は働かない ぐっすり寝て疲れをとる

先週は出張で博多へ行き、東京で税理士会のお仕事のためにとんぼ返り。
いつもよりも早く起き、長く移動する日々が続きまして、土日には完璧に疲労困憊になっていました。

寝なきゃ頭は働かないので休むことって大事ですね。

休むのが苦手な性分

自身はついスケジュールを詰め込んでしまいがちな性分。多少やることが多くても時間の密度を上げてどうにかこうにか取り組めないのかと考えてしまう癖があります。

ここ数年は時間的・体力的に余裕のある業務対応を心がけ、そうしているのですが…それでも見込みを誤り、時には睡眠時間をけずるような過密スケジュールにしてしまい週末にはもう頭が働かない状態になってしまったことも度々あるのです。

頭が働かなく前にしっかり休む

ただこういった頭が働かない状態になってはミスは起こりがちです。疲れ切っていてもタスクをこなしやり切るよりも、必要な睡眠や休憩を取って精度を上げてタスクを終わらせるのが理想です。ぐっすり寝て疲れをとる。つい軽視してしまいがちなのですが、意識を向けることって重要なことではないでしょうか。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
週末は完全オフ。
休息の二日間を過ごしていました。

【週末、休日の一日一新】
博多通りもん
Anker PowerPort4を使う
ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼