月1万円を貯めて世界遺産の旅へ行ける!夢が広がる旅行本を読みました

12万円以内で行けちゃう! 世界遺産への旅』という本をご紹介します。
海外の世界遺産で安く行ける場所を知りたい。そんなニーズがある方の必読本です。

D979C00F C9BA 43BE B923 391770BC2F09

12万円以内で行ける厳選の世界遺産43カ所

この本では綺麗な写真と共に12万円以内で行ける世界遺産43カ所を紹介。

月一万円ずつ貯めておけば海外旅行が出来て世界遺産にも行ける!という内容になっています。

今では週末に海外旅行へ出かけることも比較的身近なことになっているではないでしょうか?しかしですね海外の世界遺産というとなかなか訪れることは難しいです。世界遺産について調べてみると選ばれるような場所は日本から遠くその分だけ飛行機代が高くついてしまうことも多いです。時間があったとしても…なかなか金銭的に手が出ないのです。

しかしこの本で取り上げられている世界遺産にはフランスのモン・サン・ミッシェルやオーストラリアのグレート・バリア・リーフ、イタリアのヴェネチアなども取り上げられ、夢が広がる一冊になっています。ヴェネチアには一度行ったことがあるものの、もう一度行くのは旅費的に厳しいと思い込んでいたので意外と自分でも行ける可能性がある地域って広いのだと気づかされました。

この本を読んだ理由

この本を読んだ理由は昨年ひとりでスペインに行き、アウェイな環境に身を置くことで自分の中で新たな気づきを得られること、その土地でしか見られないものを自身で直接五感で感じたいと思ったため。

ひと月1万円の貯金なら単なる希望でなく、現実感ある計画に落とし込めます。

今年は中国 福建土楼へ

実のところ今年の海外旅行の日取りを確定。以前から気になっていた中国の世界遺産、福建土楼を観に行くことを決めています。

旅の決行は今月なので仕事のスケジュールを確実にこなしつつ、徐々に準備を進めていきますよ。

関連エントリーはこちら

『余った外貨がドンキで使える』キャンペーンを試してみた

初心者が戸惑う中国語 ホワイ!? チャイニーズ ピーポー!

外国で相手に伝えることに四苦八苦、その経験を仕事に生かす

海外旅行に行くけれどちょっと不安。そんな人に役立つ『地球の歩き方』

旅の経験が成長・変化に繋がる『眞鍋かをりの世界ひとり旅手帖』を読んで

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
井上純一さんのイベントに参加。
最前列でトークを聴けました。

【昨日の一日一新】
神楽坂かもめブックスでイベント参加

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

■moriya-blogは、次の方法で購読できます。
・Facebookに更新情報が流れます。

・fleedlyで更新情報を受け取れます。
follow us in feedly

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼