元刑事の方から聞いた新規取引先の与信管理の注意点

元刑事の方から新規取引先の与信管理についてお話を伺う機会がありました。

取引先の社長の人柄

元刑事ならではの『取引先の社長の人柄』を意識した内容。新規取引先を見極める方法として取引先の社長の人柄として次のことを気にかけることが大切とお話しをされていました。

  • 口がうまい。饒舌
  • 押しが強い
  • 声が大きい
  • お金にルーズ
  • 人の悪口ばかり口にする
  • 胡散臭さがある
  • 儲かる話をちらつかせる

自分の関わった過去のトラブル案件にも当てはまり妙に納得しています(^_^;)

うまい話にはウラがある

個人で事業をやっていく際に気をつけなければいけないことは請けた仕事は納品で終わりではなく、代金の回収までが業務だということ。踏み倒すつもりの相手は契約をするだけであればハードルはとても低く、その代わりに代金の回収については困難が伴います。

起業したばかりの時に大口の案件が舞い込んだときには何かウラがあるのではと疑うぐらいがちょうど良いと思いますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

週末に約1年ぶりに開催したライヴイベント

Tears of Today DUOを観てきました。

迫力あるステージの出演陣堪能してきました。

【週末・休日の一日一新】

3/13 タニタ食堂 ストロベリーチーズケーキ
3/14 stockholm banana:bottled frooshを飲む
3/15 三田製麺所 渋谷道玄坂店
3/16 三井住友銀行・世田谷支店

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼