座禅を初体験!座禅のやり方を学んできた

先日、初心者向けの座禅会に参加して、座禅のやり方について教わってきました。

FullSizeRender

座禅のやり方

座り方に特徴があり、足をもう反対の足の太ももの上に乗せて足の裏が上を向くように座るものが

正式なものと教わりました。ただ、身体がかたく出来ない時には、あぐらで座っても良いそうです。

坐禅用の小さいサイズの座布団「坐蒲(ざふ)」があり、坐蒲には浅く座る。

背筋を伸ばして、顎を引き、1メートル半ぐらい前方を半眼で見る。

呼吸をした回数を1〜10回まで数える。

集中力が切れてしまったら専用の棒「警策(きょうさく)」を持っているお坊さんに肩を叩いてもらう。(警策は薄いので叩かれても少し痛いぐらいです。)

呼吸を数えるだけを行い集中力を鍛える

25分を2セット行いましたが
呼吸をした回数を数え続けるのはとても集中力が必要で難しいです。

つい、この後の飲む予定のこと、お腹が空いたこと、足がしびれのことなどで気が散ってしまうのです。

座禅は目の前のことに意識を向け続けるので、集中力を鍛えるための訓練になります。

禅をやるきっかけ、実は漫画の影響

禅をやってみたきっかけは実はテニス漫画のベイビーステップです。
作中、禅について試合中の集中力を高めるための訓練として取り上げられています。

スポーツとビジネスは違うものですが、意識的に集中した状態を作れたらより生産性が上がるきっかけになるのではと試してみました。効果の程はまだ分かりませんがいい影響があると良いのですが。。

あとがき

禅を学んだのは台東区にある全生庵
定期的に坐禅会を行っているので興味のある方は参加されては如何でしょう。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
疲れからか吹き出物がちらほら出来ています。
規則正しい生活週間目指して改善していきたいです。

【昨日の一日一新】

4/14 マネーフォワード クラウド会計にAmazon登録

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼